高田製材所の日常をお伝えいたします。

新しい仲間!カロフィルムってどんな木?

こんにちは。
新樹種が入荷、製材しましたのでご紹介いたします。

新樹種の入荷の知らせを聞いたとき、『カロフィルムって何?』と興味津々な私は、

『産地は?何科?比重は?色は?どんな木?』

早速、本やインターネットで検索♪新しい樹種はとってもワクワクします。

南洋材で産地は“パプアニューギニア”。

高田製材所では初の“オトギリソウ科”。

カロフィルム属は世界の熱帯に広く分布し約100種類!

比重は樹種により軽かったり重かったりと差があり、

今回入荷したカロフィルムの比重は“0.60”。

色は?どんな木?の疑問は製材してのお楽しみ♪

 


カロフィルム製材開始!

 


カロフィルム 無垢材

カロフィルムの丸太を玉切り


カロフィルム 無垢材

玉切り後の断面


カロフィルム 無垢材

外皮が波打つように見えます。


まずは玉切り(長さのカット)です。

赤身はキレイな桃色です。白太部分は狭く黄白色をしています。

白太部分は乾燥するとだんだん灰色を帯びてくるようです。


 


カロフィルム 無垢材

カロフィルムを60mm厚みに製材


カロフィルム 無垢材

キレイな桃褐色です。


厚みは60mm、一枚板に製材しました。

丸太の半分まで製材をしたら“くるん”とひっくり返して、また背の方から製材します。

 


カロフィルム 無垢材

一旦製材機から外して回転させます。


カロフィルム 無垢材

製材機にピタッとくっつけます


カロフィルム 無垢材

背の方から製材


カロフィルム 無垢材

製材


カロフィルム 無垢材

ボンド塗り


カロフィルム 無垢材

製材


キレイな一枚板に仕上がりました。

 



 


カロフィルムの材面です。

木理は交錯しており、肌目は粗く、

製材や加工がしやすい木材です。

時に表面が毛羽立つことがありますが、

仕上り面は滑らかで強度があります。


カロフィルム 無垢材

カロフィルムの材面



カロフィルムの丸太を厚み34mmの片耳付き柾目挽きにも製材しました。


カロフィルム 無垢材

厚み34mmに製材したカロフィルムです


カロフィルム 無垢材

片耳付きの柾目材


カロフィルムは建築材よりも家具材の分野でよく知られており、欠点が少ないので

幅広い用途に使用できる木材です。

脚物家具や家具用材、造作用材としていかがですか?

カロフィルムについてはこちら >>

 

松江


社長に杉(スギ)を学ぶ

杉(スギ) 無垢材

社長と一緒に杉(スギ)を検品


こんにちは、営業の井上です。

第1弾の『スプルースを学ぶ』に引き続き、第2弾!『杉(スギ)を学ぶ』です。

今回は、障子やドア用に杉(スギ)を社長と一緒に検品!

 

杉(スギ)

日本を代表する“杉(スギ)”は私たちの生活の中で一番身近に感じられる木ではないでしょうか。

杉(スギ)は色や香り、加工性のよさや耐久性などに優れ、建築から建具まで幅広い用途で使用できる木材です。

高田製材所では、杉(スギ)の原木を仕入れ、製材をしております。

 


杉(スギ) 無垢材

杉(スギ)丸太


製材だけでなく、その材がどういう用途に適している材か見極めが必要です。
スプルース同様、建具材とし多く使用される杉(スギ)ですが、
目的にあった材を見分けられるよう、色、目通りや目合い、節、割れ、アテの状態を見ながら学びます。



一つ目に、『色』

1本1本丸太によって色の
・薄い色や濃い色・・・障子やドアに向きます。
・アクが出ている材・・・外部の建具に耐久性があります。
など違いがあります。
また、最近では古民家などでは使用されることもあるようです。


杉(スギ) 無垢材

白~黄色


杉(スギ) 無垢材

ピンク色


杉(スギ) 無垢材

赤黒色とアク



二つ目に、『目通りと目合い』

目合いは、目細、中目、目荒と分けられます。

障子は目の通りがまっすぐで目合いは目細の方が好まれます。
框や組子、骨など細かく使用するため、1寸1分~1寸2分(約34~36mm)の厚みに製材をします。

目荒の場合、主にドアや幅を広く使用する場所などに、1寸3分~1寸5分(約40~45mm)の厚みに製材をします。

比べてみましょう♪


杉(スギ) 無垢材

目細で目通りはまあまあです。


杉(スギ) 無垢材

中目で目通りの良い材です。


杉(スギ) 無垢材

目荒で目通りは曲がっています。



三つ目に、『節、割れ、アテ』 など注意をしながら検品。

また、忘れてはいけないのが葉節(ハブシ)”。杉(スギ)に多く入っており、
高田製材所がある大川市では、葉節(ハブシ)の入った杉(スギ)は障子用に好まれません。
ですが、昔は雨戸用などで使用する場合は葉節(ハブシ)が入っている方が強い!という聞いたことがあります。


杉(スギ) 無垢材

節、割れ、アテをしっかり見ます。


杉(スギ) 無垢材

小さな節がポツポツあるのが葉節(ハブシ)です。


 

最近では、源平で使用されることも多くなってきている杉(スギ)材!
白太の状態もしっかり検品します。

余談ですが、
“源平”という言葉は源氏と平氏の戦いで、源氏は白旗、平氏は赤旗を掲げて戦ったことから由来しているそうです。


杉(スギ) 無垢材

白太もしっかり見ます!


お客様が求めている材料を見極め、ご提供できるようこれからも日々勉強してがんばります。

井上勇人


新種 リンバ(ホワイトリンバ・コリーナ)原木製材

ホワイトリンバ 無垢材

リンバ原木製材


こんにちは、営業の田中です。
アフリカ産のリンバの原木を初めて製材しました。
今回入荷した原木は長さ6mあり、長尺カウンター向けに60mm厚で製材しています。


ホワイトリンバ 無垢材

リンバを60mm厚に製材していきます。


ホワイトリンバ 無垢材

木口のカスガイを打ち割れを防ぎます。


同じアフリカ産のブビンガやウエンジに比べると約7割ほど乾燥比重が低く、アフリカ産の木材の中でも
とても軽い材質で、アユースとアフリカンマホガニーの中間くらいの乾燥比重です。


ホワイトリンバ 無垢材

リンバを一枚板に製材


ホワイトリンバ 無垢材

真ん中の黒い部分がブラックリンバ


ギター業界の方々には「コリーナ」という名称が知名度あるかもしれませんね。
主に辺材の白い部分が好まれます。

原木の心材には黒い縞模様が現れる事があり、この部分は「ブラックリンバ」と呼ばれ
薄くスライスし装飾用としてブックマッチでTOPに使われるモデルもあるようです。
この原木の心材からも「ブラックリンバ」が現れました。

 

このように新たに製材した木材は随時このページで紹介いたします。

 

▼ ホワイトリンバ商品一覧はこちら ▼


森の文庫本 新着情報

こんにちは、事務の藤木です。

2017年となりました。今年もよろしくお願いします!


木材見本 森の文庫本

12月入荷の森の文庫本です。


昨年12月に入荷した森の文庫本のお知らせです♪
今回は木目の面白いものが沢山入荷し、目にも楽しい検品作業中です!


木材見本 森の文庫本

レースウッド

レースウッドが入荷しましたが、
あまり目にする事の無い材なので検品しつつ


『おおぉ!派手だなぁ!!』


と1人で喋りながら作業しております(笑)


他にもボコテ、ペリコプシス、ブラックアッシュなど、在庫がなかったものも入荷しています♪


木材見本 森の文庫本

レースウッドの森の文庫本


木材見本 森の文庫本

ペリコプシスの森の文庫本


木材見本 森の文庫本

ブラックアッシュの森の文庫本


木材見本 森の文庫本

ボコテの森の文庫本


木材見本 森の文庫本

黄蘗(キハダ)の森の文庫本


ご注文いただいた際の納期や在庫のご返事は迅速な対応を心掛けております!
お気軽にお問い合わせ下さい♪

 

お問い合わせ先
(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568


床柱として珍重されるシャムガキ

事務の松江です。

本年もお客様に役立つ情報を
お伝えできるよう
心がけていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

さて、今回ご紹介するのは
『シャムガキの柱材』
です。


シャムガキ 無垢材

シャムガキの柱材を支える営業の井上さん


シャムガキは床柱として珍重され、大柄な赤黒い濃淡の模様があり、重厚感がある
黒柿(クロガキ)と同等の材です。


シャムガキの名は木目が黒柿(クロガキ)に似ていることから『シャム柿』と付けられたようです。
黒柿(クロガキ)はカキノキ科でシャムガキはムラサキ科です。
同じムラサキ科の木材は萵苣(チシャ)やボコテがあります。
同じムラサキ科で萵苣(チシャ)?と思いましたが、前回ブログに更新をした萵苣(チシャ)を見ると
なるほど!と納得しました。

◎シャムガキ 柱材

サイズ:150×150×3000 1本


内装建築材のアクセントとして目を引く
一品です。


▼ 萵苣(チシャ)のブログはこちら ▼

▼ 萵苣(チシャ)の商品一覧はこちら ▼
▼ ボコテの商品一覧はこちら ▼

随時、情報を更新していきます。
気になる材がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先
(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568