高田製材所の日常をお伝えいたします。

欅(ケヤキ)看板 メンテナンス

欅(ケヤキ) 一枚板

高田製材所の顔

欅(ケヤキ)の看板をメンテナンスしました。

長年、風雨に当たっていましたので表面は色があせて灰色に。

白太(耳)の部分には腐蝕がありました。

地元、大川の塗装屋さんで表面を水洗い~サンダーで研磨し、腐蝕していた白太は削り落としてもらいました。


欅(ケヤキ) 一枚板

白太(耳)の部分


欅(ケヤキ) 一枚板

白太部分メンテナンス後


さすが、国内広葉樹の王様である欅(ケヤキ)!白太に腐蝕が入っていても、赤身は丈夫です。

耐朽性にも優れています。


欅(ケヤキ) 一枚板

メンテナンス時


欅(ケヤキ) 一枚板

塗装後


欅(ケヤキ) 一枚板

赤身部分は丈夫です。


欅(ケヤキ) 一枚板

看板は高田製材所の顔でもあります。

長くこの状態を保てるように、こまめにメンテナンスをしていきます。

 

田中


欅(ケヤキ) 一枚板

メンテナンス完了!!


【森の文庫本】神代楡(ジンダイニレ)と楡(ニレ)


この写真の樹種は何だと思いますか?

???

正解は左が神代楡(ジンダイニレ)、右が楡(ニレ)です。

こうして比べてみると神代楡(ジンダイニレ)が灰色っぽいのが分かります。

神代楡(ジンダイニレ)とは・・・

数百年間、火山灰の中に埋もれていた楡(ニレ)には、石灰が混入した水が浸透し化学的に発色する。これを「神代ニレ」といいます。辺心材とも黒ずみ、脂気がなく枯淡の味わいがあります。

 

今回、楡(ニレ)をはじめ、栓(セン)、モンキーポッド、メルサワなど文庫本を製作しました。


木材見本 森の文庫本

楡(ニレ)の森の文庫本


木材見本 森の文庫本

モンキーポッドの森の文庫本


木材見本 森の文庫本

メルサワの森の文庫本


森の文庫本は1枚から販売しています。

お気軽にお問い合わせください。

木材見本「森の文庫本」 バラ販売 >>

松江

 

お問い合わせ先
(有)高田製材所  TEL 0944-87-6568


刃物に触れても錆びない“朴(ホオノキ)”

こんにちは、営業の田中です。

60mmと75mmに製材していた朴(ホオ)を刀の鞘用にお買いいただきました。

朴(ホオ)は刃物に触れても錆びない特徴があり、鞘には朴(ホオ)だけが使用されてきたようです。


朴(ホオ) 無垢材

60mmと75mmに製材した朴(ホオ)


また、木目は1mm~3mmくらいの針葉樹並みの年輪が好まれますが、最近ではなかなかそのような朴(ホオ)はお目にかかれません。

今回お買いいただいた朴(ホオ)は柾目の部分で3mm~5mmほどの年輪でした。

長さが2mありますので木目が詰まった部分で鞘を作り、年輪が広い部分はその他武具に使用できる事。

適材適所、余すことなくお使いいただいてます。


朴(ホオ) 無垢材

柾目の部分で3mm~5mmほどの年輪



その他、朴(ホオ)はアテが少なく乾燥後の狂いが少ない特徴があります。

銀杏(イチョウ)と同じ刃当たりが良い事からまな板用に、その他では太鼓のバチなどに使用されます。

 

朴(ホオ)についてはこちら >>

 

お問い合わせ先
(有)高田製材所  TEL 0944-87-6568


山桜(ヤマザクラ) NO.276 105mm

山桜(ヤマザクラ)を厚く製材しました。


山桜(ヤマザクラ) 無垢材

通常、34〜60mmに製材をしておりますが、こちらの材料は、テーブル90mm角の脚や、深みのある食器の製作が出来ます。







山桜(ヤマザクラ) NO.276の詳細はこちら >>

 

お問い合わせ先
(有)高田製材所
TEL 0944-87-6568




おいしそうなお肉のような“ホワイトオーク”

ホワイトオーク 丸太

お肉のような“ホワイトオーク”


今回入荷した、おいしそうなお肉!

??? 

いやいや、ホワイトオークの原木です!!

どうやったらこんなにおいしそうな形になるんですかねぇ~(笑)


ホワイトオーク 丸太

本当に骨付き肉のような形のホワイトオーク原木です。


ホワイトオーク 丸太

ぷりんと大きい瘤


社長の高田とハンドルマン坂田がこのお肉をどう調理するのか?

いやいや、このホワイトオークの原木をどう製材するのか楽しみです♪

 

ホワイトオークについてはこちら >>

 

お問い合わせ先
(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568