高田製材所の日常をお伝えいたします。

選択されているタグ : アサメラ

タグを絞り込む : カウンター加工 一枚板

アサメラ 大型テーブル vol.2

こんにちは、営業の田中です。

1月27日にブログで紹介をした「アサメラ 大型テーブル」の続編です。

製材主任と一緒に板厚を製材しベルトサンダーで研磨したあと、木裏に反り防止の金具埋め込みと割れ進行防止のためにブビンガで契り加工を施しました。


アサメラ 一枚板

アサメラ大型テーブル


反り防止プレート埋め


アサメラ一枚板 カウンター加工

割れ進行防止のためにブビンガで契り加工


塗装はウレタン全艶消しで重厚感ある仕上がりです。



重量は500kg以上の長尺幅広特大カウンター。

自社での作業や外注先への搬入搬出、出荷前の荷造り準備も大人数で取り掛かり。


アサメラ一枚板 カウンター加工

工場長と塗装会社より搬出


無事に指定日に関東のお客様までお届けする事が出来ました。
H様、この度はご注文いただき誠にありがとうございました。

高田製材所では新たにワイドサンダーの機械を導入いたしました。
ワイドサンダー加工までや、大川の協力業者にて今回のような塗装や反り止め加工などオーダー加工後の発送が可能です。

ぜひご相談ください。


アサメラ 大型テーブル

こんにちは、営業の田中です。

アサメラNo.815-7を使用し大型テーブル製作の相談をいただきました。
105mm×1060mm×7400mmを最大サイズで製作して欲しいとの相談です。
これまで私が携わった中でも最も大きいサイズで、仕上りは85×1060×7200mmを想定しています。



まずはベルトサンダー加工の前にネジレや反りをなくすために製材し直します。
理由はネジレた板をサンダー加工するとネジレたままの状態でサンダーが掛かるからです。
アサメラは狂いが少ない木材ですので、この大盤も大きな反りはなく約95mm前後で平面が出ました。


アサメラ 一枚板

厚みネジレ製材、厚み105mm→95mmにしました。


その後ベルトサンダーで4時間かけて86mmまで加工。


アサメラ 一枚板

♯120サンダー加工の様子


アサメラは桟積みしていた部分の跡が残りやすい木材です。
研磨した状態では跡が残ってないように見えても塗装後に浮き出ることがあります。
なので、表面を軽く濡らしたタオルで何度も何度も拭きながら桟積み跡が残らないよう、且つ板が薄くなり過ぎないようにチェックし仕上げました。


アサメラ 一枚板

♯120サンダー加工後


この後は反り防止金具を木裏に埋め込み、ウレタン塗装となります。

続きはまた次回。

アサメラについてはこちら >>