高田製材所の日常をお伝えいたします。

“キソケトン”など新しく4樹種の丸太を製材しました。

こんにちは、事務の松江です。

高田製材所では国産材、輸入材ともに多くの樹種を取り扱いしています。
その中に新たに仲間入りをした、4つの樹種を椅子用に厚み26mmに製材しました。

新しい木材だったので見たことも、聞いたこともない樹種でしたので、色々調べたり、ハンドルマンが製材した感想などを交えてご紹介いたします。


ティーツリー 無垢材

【キソケトン】

産地:パプアニューギニア
科 :センダン科
比重:0.56
用途:木工用材、引き出しの側面板など
特徴:心材と辺材の差は不明瞭で心材は灰色から褐色で辺材は淡色。木理は交錯し、肌目はやや粗。中庸ないしやや重硬。


キソケトン 丸太

キソケトンの丸太


キソケトン 無垢材

木目


製材をしたキソケトンは、製材した感じは、ペルポックに似たような材質で、色は肌色、材質は弱く。白太にピンホールがありますが、赤身は目通りが良くキレイな材でした。
芯節からの腐れが少々入っています。反りやすいので注意が必要です。

 


 

【ティーツリー】

学名:Melaleuca sp.
産地:オーストラリア
科 :フトモモ科
比重:0.72~0.80
用途:家具材など
特徴:辺材は黄白色で心材は赤褐色。辺心材の差は明らか。心材には不規則な黒い縞模様が入る。重硬で粘りがあり曲げに強い。


ティーツリー 丸太

ティーツリーの丸太


ティーツリー 無垢材

木目


ティーツリー 無垢材

縮み杢がびっしり


ティーツリーを製材した感じでは、ウエンジっぽく、製材したばかりの時は赤身の部分が赤黒く、乾くと少し薄くなりました。白太の一部にピンホールが少々あります。また、板全体に縮み杢、弊社ではニヤトー杢とも言いますが、それがびっしりと入っています。芯割れが少しあります。抱えるとずっしりとした重みが感じられます。

 


 

【ガロガロ】

学名:Mastixiodendron pachyclados.
産地:パプアニューギニア
科 :アカネ科
比重:0.66~0.86
用途:軽構造材、旋作用材など
特徴:心材と辺材の差は不明瞭で色は黄白色~淡黄褐色。木理は通直で肌目は精。重硬~やや重硬と少し差がある。製材、加工、乾燥は容易だが耐朽性は高くない。材面が脂分あるような感じで滑りやすく、反りが出やすいので注意が必要。


ガロガロ 丸太

ガロガロの丸太


ガロガロ 無垢材

木目


ガロガロは製材時、鋸に吸い付くようで、硬さや製材した感じではチークに近く、材面に脂分があるような感じで触ってみると滑らかなため、製材時も滑りやすく、反りやすい材でした。
色は淡黄白色で白太に一部ピンホールと芯部分に割れがありますが、赤身の部分は良材です。

 


 

【イエローハードウッド】

学名:Neonauclea hagenii
産地:パプアニューギニア
科 :アカネ科
比重:0.62~0.79
用途:重構造用材、梱包用材、脚物家具、床板など
特徴:挽いた直後は心辺材の差は明らかで辺材が淡黄色、心材は鮮やかな橙色だが、大気にさらして長時間経つと心辺材の差が不明瞭になり心材が淡い色味に変化する。木理は交錯し、肌目はやや精。やや重硬で加工や乾燥は良好だが時に割れを生ずるものがある。


イエローハードウッド 丸太

イエローハードウッドの丸太


イエローハードウッド 無垢材

木目

イエローハードウッドは比重で見ると、今回製材をした4本のうち2番目に軽い木材ですが製材した感じでは、一番固く、胴割りをしてもすぐ反る木材でした。

白太が太く、イエローと名が付くのに製材したときに出た材面は朱色で???と頭に出てきたほどです。ですが柔らかな朱色はこちらもハードとの言う名に似合わないキレイな色味です。

特徴の記載にあるとおり、時間が経つと赤身が和らいでいるのが分かります。


イエローハードウッド 無垢材

少し時間が経ったイエローハードウッド


 

これからも様々な木材を製材し、ブログや動画でご紹介します。

お見逃しなく!!

 

これまでの製材動画はこちらで見ることができます。>>https://mokuzaikan.com/about/movie/


梅雨の材料管理

こんにちは、営業の井上です。

福岡も梅雨入りをしましたが、今日は梅雨の晴れ間でいい天気でした。

5月に製材をしたヨーロピアンスプルースは乾燥中に白太にカビが入りやすいため、雨の日は屋根の下で濡れないように管理をしていますが、天気が良い日は屋根の外に出し、間隔を空けて、風通しを良くして管理をしています。

 


ヨーロピアンスプルース 無垢材

ヨーロピアンスプルースの間隔を1m程空けています。


ヨーロピアンスプルース 無垢材

天気がいい日は青空の下に移動します。


また、週の半ばから雨の予報です。

白系の材料などは特に気を付けて管理をしていきます。

 

春から、材料置き場が広くなりました。
主に天板用の材を置いています。





お探しの材がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


原木大量入荷

こんにちは、営業の田中です。

6月に入ってすぐ大型トレーラー1台分の原木がたくさん入荷しました。

最近では明るいニュースが少ない世の中ですが、高田製材所は攻めの気持ちを忘れず沢山の素材を仕入れ製材しています。

今回は主に北米材とアフリカ材です。
そのから一部を紹介します。

 

<ウォールナット>-------------------------------------

◎No.72085 6.4m - 径70cm
二又に分かれている部分にどんな木目や表情が現れるのか製材が楽しみです。


ウォールナット 丸太

ウォールナット丸太 NO.72085


ウォールナット 丸太

2又部分から


◎No.72084 7.6m-径75cm
樹皮のいたるところに突起があります。
バール杢がたくさん入る天板材が製材できそうです。


ウォールナット 丸太

ウォールナット丸太 NO.72084



<メープル>-------------------------------------

No.72092 2.4m-径53cm
このメープルにも表面には多数の凹凸があります。バール杢・泡杢・カーリー杢・キルティッド杢、さてどんな杢が現れるでしょう。

メープルの製材動画はこちら>>https://youtu.be/TCYG1p_am9I


メープル 丸太

メープル丸太 No.72092



<ベリ>-------------------------------------

◎No.3051 10.3m-径91cm
ベリは黄褐色の木肌に淡い縞模様が入ります。
ゼブラノほど派手ではなく落ち着いた木目の木材です。
他のアフリカ材と同様に長尺で幅広のカウンター用に使用できます。



メープルは製材が終わりましたが、ほかの樹種はまだです。
メルマガや動画、ブログなどでお知らせしますので、楽しみにお待ちいただければと思います。


半期に1度の棚卸

こんにちは
営業の古賀です。

先週の土曜日に弊社の棚卸しをおこないました。

弊社の棚卸しは、5月と11月の年2回、実施しています。
私も入社18年となりますので、今回で36回目となりました。

当時と比べると在庫置場(土場)の面積、在庫量、材種もかなり増えました。
材種が100樹種から250樹種取り扱いと150樹種も増えています。


高田製材所 棚卸

2人1組になって材をチェックしています。


以前は日曜日に、会長・社長・営業・事務の6〜7人で朝7:30から棚卸を行い、 昼食を名物「うなぎのせいろ蒸し」食していたことも、良き思い出です。
近年はマンパワーで、社員全員で実施しています。 おかげで、在庫量が増えた今でも作業時間は変わりません。

在庫が沢山あるということは、お客様のニーズにスピーディーに対応できるという事にも 繋がります。

お探しの材がありましたら、一度問い合わせをしてみてください。


新聞紙の下のレッドオーク

こんにちは、営業の井上です。

2020年3月19日のブログ一枚板天板のページで紹介している、NO.4シリーズのレッドオーク一枚板天板を検品しました。


レッドオークは乾燥中の動きが大きいため、2011年4月製材時、板目部分にボンドと新聞紙を貼っていました。(現在はボンドの質もよくなり、ボンドのみで対処しています。) そのレッドオークも人工乾燥が完了し、ホームページに掲載していましたが、写真には新聞紙がまだ貼ってある状態で、現在の板の状態が分かりにくかったため、新聞紙をはがして検品することにしました。


レッドオーク 一枚板

レッドオーク一枚板 NO.4-12


剥がし終えた新聞紙の下は、割れが少なく、少し削ってみましたが、変色もない良材です。


レッドオーク 一枚板

全体


レッドオーク 一枚板

末部分


レッドオーク 一枚板

削った部分


レッドオーク一枚板 NO.4シリーズは荒厚み65mmですが、反りがあるため、このままワイドサンダー加工をすると、仕上り厚みが45mm前後位になりそうです。

材面には縮み杢が入っていたため仕上げればキレイなレッドオーク一枚板になると思います。

 

レッドオーク一枚板の商品一覧はこちらから>>