高田製材所の日常をお伝えいたします。

チーク 7mカウンター加工~出荷

こんにちは、営業の田中です。

『チーク 7mカウンター加工、着工』続編です。

厚120mmの板を仕上がり90mmでのご依頼です。
長さ7mありますのでワイドサンダー加工も容易ではありません。
まずは板の反りなどを正すために製材機にセットし厚みを100mmまで落としました。

工期の遅れとカウンターの仕様が決まるまで時間が2ヶ月空きましたが、厚み製材後に板の反りなどの狂いは全くありません。

計画当初は片耳付きで幅600mmの予定でしたが、両耳なしで幅650mmに変更。
そして木裏の木端側には大きなキズがあったので、仕上がりが50mm広くなったためにこのキズが消えるような製材や加工をする必要があり難易度がさらに上がります。

7m以上の貴重なチークで交換取り換えが不可能なカウンター材。
お客さまの依頼サイズに製材する事も大事ですが、カッコよく仕上がるよう板の中央に板目柄が出る事を想像しながら製材責任者と一緒に作業を開始。


チーク 一枚板

チーク厚み製材後 木表


チーク 一枚板

チーク厚み製材後 木裏


チーク 一枚板

幅落とし製材後


地元大川市の協力会社2社に依頼し、90mmで両面サンダー仕上げと木端面は家具職人さんに出張してもらい手作業で研磨作業していただきました。


チーク 一枚板

両面ワイドサンダー加工後 木表


チーク 一枚板

両面ワイドサンダー加工後 木裏①


チーク 一枚板

ワイドサンダー加工後 木裏②


チーク 一枚板

木端研磨


加工後はキズが入らないように厳重梱包をし、鹿児島まで陸送で、鹿児島港から船に乗り沖縄の那覇港まで運ばれました。

塗装などの最終仕上げは沖縄のお客様で施され、ホテル内バーカウンターにお使いいただきます。

すぐに行ける場所ではありませんが、機会があれば豪華なバーカウンターに生まれ変わったこのチークに会いに行きたいです。

 

チークについてはこちら >>


製材機ギリギリの大きさ“スプルース”丸太製材

こんにちは、

スプルースの丸太を製材しました。

今回の丸太はとっても大きく、直径124cm、長さ9.2mです。

玉切りをした元部分の直径が140cmとビッグ!


スプルース 丸太

スプルース NO.617


胴割後、柾目に製材するため、さらに半分にカットしますが製材機ギリギリ。。。

調整をしっかり行いカットしていきます。


スプルース 丸太

カット後スプルースを測ってみると、芯から白太部分まで92cm!!

厚み製材後、割れている芯部分は落としていくのでこれから狭くなりますが、なかなか見ない大きさです♪



いよいよ、厚み製材です。
厚みは1寸1分(約34mm)に製材しています。
天板ほど幅があるので、ひっくり返すのにも2人でやっと。



スプルース 無垢材

一通り製材後、芯部分を落として材を整えていきます。その後、サン積みです。

今回製材をしたスプルースにはスジアテと少しチラが入っています。
 


スプルース 無垢材

赤ラインでカットします。


スプルース 無垢材

囲っている部分がチラです。


 

NO.617のスプルースは元側(根)と末側で2山作りました。

◎NO.617-1 元側  幅90mm~660mm  長さ4.3m 79枚






◎NO.617-2 末側  幅90mm~600mm  長さ5.0m 74枚






 

すべて建具向けに製材しています。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

製材時の動画もUPしています。
合わせてごらんください。

スプルースNO.617製材動画はこちら >>

スプルースについてはこちら >>


トラックボディ材の張替えをしました。

こんにちは、事務の石橋です。

8年ぶりにトラック(ユニック車)の荷台を張り替えました。



通常はアピトン、クルインを使用することが多いのですが、入荷が少なく貴重なため、今回は、レッドメランチイロコ(アフリカンチーク)を使用しました。

レッドメランチの特徴は、東南アジアに分布している広葉樹で、軽くて柔らかなものから、重くて硬いものまであり、加工しやすい木材です。
今回はトラックの荷台なので、雨・風に打たれてもいいように、重くて硬いものを使用しました。

まず、トラックの幅に合わせて何本かの根太を、重さが一番かかるところを補強するように並べました。


無垢材

下から見たところ


根太に使用したのはアフリカ・コンゴ産のイロコ(アフリカンチーク)です。

イロコは第一級の強度を持ち、チーク同等の耐朽性を備えています。


イロコ 無垢材

根太はイロコ材


根太の上に、板(レッドメランチ)をキレイに並べ、上からビス(クギ)で打ち込みました。

(このビスは、雨・風に打たれる事により、錆びて、より抜けなくなります)

他の業務の合間を縫っての作業だったので4~5日かかりました。

新しくなった荷台で、気持ちも新しくなりました!



他の業務の合間を縫っての作業だったので4~5日かかりました。

新しくなった荷台で、気持ちも新しくなりました!


レッドメランチ 無垢材

レッドメランチを貼り付け


10~20年の天乾!欅(ケヤキ)や楠(クス)盤木の在庫があります。

こんにちは!営業の古賀です。

最近、門扉、ベンチ、テーブル脚、オブジェ用などに、300mm、400mmの角材のお問い合わせが多くなっております。
ホームページに掲載出来ていませんが、高田製材所には欅(ケヤキ)や楠(クス)等の盤木も在庫しています。


盤木 無垢材

盤木在庫


面落ちがあり、背割りもされていませんが、AD(天乾)10〜20年ものの在庫がございます。
気になる方は是非お気軽にお声掛けください。


盤木 無垢材

太鼓落としした盤木


盤木 無垢材

角に製材をした盤木


【製材】鮮やかな紫色!パープルハート


こんにちは、

鮮やかな紫色!パープルハートを柾目に製材しました。



厚みは35mm、50mm、66mm。

製材時にはくすんだ色をしていますが、時間が経つと鮮やかな紫色に変化します。


パープルハート 無垢材

製材後すぐ

パープルハート 無垢材

少し時間が経ったパープルハート


すべて赤身寸検をし、割れ止めにボンドを塗っています。




内装材や家具材にも使用されるパープルハート。

気になる方は是非お問い合わせください。

 

製材動画はこちら >>

パープルハートについてはこちら >>