高田製材所の日常をお伝えいたします。

眠れる木材を起こしてみた①

高田製材所の倉庫には眠れる木材が多数あります。

その木材を今回、起こしてみました。



すべて出して、針葉樹と広葉樹を分けていきます。



その中で今回ご紹介するのはこちら!

『黒松(クロマツ)』

黒松(クロマツ)はマツの中でも比較的硬く、赤松よりも樹脂分が多い木材です。
主に建築内装材に使用されます。

 


【製材】アガチス原木製材

こんにちは、営業の田中です。

約3年半ぶりにアガチスの原木が入荷しました。



直径1,400mmの原木で、1/4にしたカットした状態で600mm~700mmの幅があります。



アガチスはスプルースや杉のようにクッキリとした年輪がないので、一見アユースやマホガニーのような広葉樹の印象がありますが、アガチスは針葉樹です。

アガチスにアテ(陽疾)はつきもので、アテが強い部分はハッキリとわかるくらいに板が曲がります。

この曲がり方も長さ方向に垂れて曲がるのか、幅が日本刀のように曲がるのかは鋸を通してみないと分からないのが厄介です。


アガチス 無垢材

アテが強いアガチス


アガチス 無垢材

アテが強いアガチス


そして年輪がクッキリしたスプルースのアテと比べたら、年輪がボンヤリしたアガチスは慣れた目で見ないとどこがアテだかわからないのも厄介です。


アガチス 無垢材

ベタアテが入ったアガチス


アガチス 無垢材

スジアテが入っているアガチス


アテがあるアガチスは建具製作には不向きでも、幅を広く使うドア枠や階段踏板などには最適です。

高田製材所では1本の原木から適材適所に対応できるよう、「建具用」「建築用」に分けて製材しています。


アガチス 無垢材

幅広良材のアガチス


アガチスについてはこちら >>


東北遠征

こんにちは、営業の田中です。

4月半ばに宮城県仙台市~山形県まで営業に行ってきました。
このルートで行くのは今回が3回目。
行く度に新たな発見がありました。

今回改めて気付いた事は、仙台はさすがに「杜の都」と呼ばれるだけあり街中に「木」が多い事に驚きました。
例えば主要道路の中央分離帯が一面「ケヤキ並木」だった事。
中には中央分離帯にケヤキが2列立ち並び、しかもそのあいだは遊歩道になっている事でした。



一見無機質なガラス貼りの建物が建ち並ぶ中でも、「木」がある事で人に優しい街のように感じました。



また機会があれば是非訪れてみたいです。


天板検品!割れを活かして製作してみませんか?

こんにちは、営業の井上です。

先日の雨のない晴れた空に虹が出ていました。
不思議な感じです^^



さて、今回弊社在庫天板を色々検品してみました。
 


◆ 楢(ナラ) NO.2991

厚み60mm 幅800~1020mm 長さ2.5m

板全体に入皮、割れが入っています。


楢(ナラ) 無垢材

楢(ナラ) NO.2991






 

◆ 椨(タブ) NO.7069  厚み63mm 幅240~740mm 長さ3.4m

原木がネジレていたために、板全体的に斜め割れ、反りが生じています。




 

◆ チェリー NO.B65  

厚み60mm 柾目幅140~310mm 13枚、板目520~800mm 3枚 長さ3.2m

丸太の芯の方に腐れ、虫などがあったため柾目で製材しています。
中幅200~300mm程度の柾目材が取れます。
式台、上がり框用に使用できます。






 

割れや反りがありましたが、反りは高周波プレスでの加工が可能です。
また、割れは補修加工などで味のある仕上がりになりそうです。

反りや割れを活かして色々製作されたいかたにおススメです。

お気軽にお問い合わせください。


【加工】耳付きウォールナット52mm

こんにちは、営業の古賀です。

最近、多くのお客様より、ご購入いただきました材料の施工写真をいただき、感謝しております。

今回は、先日店舗テーブル用に、現地挽き耳付きウォールナット52mm、RUSTICグレードをご購入いただきましたお客様より施工完成写真をいただきました。


ウォールナット 一枚板

“両耳付の幅300~500程度で、節があるグレードでしたが、真ん中に着色レジンを流し、見た目にカッコいいテーブルが出来ました!”

とのお声、うれしいですね。


ウォールナット 一枚板

今までは、幅の狭い材や、節がある木材は敬遠されていましたが、使い方次第で素晴らしい家具が出来ます。

ウォールナットは色々なグレードの現地挽き材から製材品まで多数在庫しております。
皆様もいかがでしょうか?

 

ウォールナットについてはこちら >>