高田製材所の日常をお伝えいたします。

『品質管理』

こんにちは営業の田中です。

取扱樹種や取扱数が増えると、それぞれの材に応じた管理方法が必要になってきます。
原木を製材しながら乾燥する際に、通気が良くなるよう桟木を入れていきますが、この
桟木を入れる間隔にも決め事があります。 
自然乾燥中の木材でも雨に濡れてよい材、シミやカビなどが入らないように濡れては
いけない材もあります。


無垢材

4~4.5m建具材


無垢材

4m建具天乾中


工場内で保管をするときには、板の長さ別の他にも置場や積み方のルールがあり、正面
から見て桟木が入った位置が一直線になるように保管しています。


無垢材

2m天板材


無垢材

3m天板


無垢材

4~5mカウンター材


これは上からの重力を分散させないよう、板に出来るかぎり曲がりや反りを発生させない
ようにするのが目的です。


 

また、在庫の中には海外で製材され人工乾燥処理をした材も多数あります。
すぐに使用可能な木材は決して雨に濡れないように屋根の下に保管しています。


無垢材

海外製材人乾材


お客さまにより良い材料をお使いいただくために、弊社ではこのような在庫管理をしています。


【森の文庫本】アオダモ、アサメラが入荷!

こんにちは事務の藤木です。
10月に入荷した『森の文庫本』のお知らせです。


木材見本 森の文庫本

今月入荷の森の文庫本!これからネームシールを貼っていきます。


今回は在庫の無かった「アオダモ」や「アサメラ」が入荷しました♪
「柞(イスノキ)」も10枚ほど入荷予定でしたが、材の割れが酷く1枚のみの入荷で残念です…。


木材見本 森の文庫本

久々入荷の“アオダモ”


木材見本 森の文庫本

柾目がきれいな“アサメラ”

私事ではありますが、森の文庫本のホワイトスプルースでちょっとした工作中です。
ホワイトスプルースだから削りやすいかと思いつつ、やってみると案外大変でなかなか進みません。

帰宅後少しずつ手を加えてますが終わりがみえてこない…。

年内に完成できたらなぁ…と思います。


木材見本 森の文庫本

ホワイトスプルースの森の文庫本

木材見本 森の文庫本

節を生かして工作中~

バラ売り可能ですので、趣味でご使用される方もお気軽にお問い合わせ下さい♪

▼ 木材見本【森の文庫本】はこちら ▼



お問い合わせ先
(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568


スプルースを学ぶ。

  新人営業マン 井上です。今まで、工場長として工場内作業を行う中でいろいろな材料を目で
  見て、肌で感じてきましたが、今年6月から営業に配属。早5ヵ月が過ぎ、知らないことがまだ
  まだあったんだと思う毎日です。
  そんな中、先輩営業マンとスプルースを検品しました。


スプルース 無垢材

先輩とスプルース検品中


  スプルースとは

  昭和30年代より、建具の障子やドア、建築内装用などに大量に使用されているスプルース。
  良質なスプルースはピアノやギターなど楽器にも使われています。高田製材所ではアラスカ
  のシトカ地方が主産地のシトカスプルースを主に仕入れています。シトカ地方のスプルースは
  木目が細かく、日本のトウヒやクロエゾマツに似ていて良質な木なのでアラスカヒノキとも呼ば
  れます。スプルースは直径2mを超すような大木に生育します。大木なので良質材がとれます
  が、その反面、欠点もあります。



  スプルースを検品しながら特徴を学ぶ

  今回、H28年8月に製材をしたスプルースを先輩営業マンとともに検品。
  チラ、ヤニ、目通り、アテ、スジアテという言葉をよく耳にします。なんとなく分かっている
  つもりでもそれがどのような特徴がなのかなんとなくではお客様へは伝わらない。

 


  【チラ】ってなに?

  楢(ナラ)の斑(ふ)のような木目がスプルースにも入っている。これがチラである。
  チラが入っている方が材質がおとなしく加工がしやすいが斑が入ることにより木目が切れ、
  塗装してもしなくても時間の経過とともに目立ってくるので、あんまり多いと敬遠されること
  がある。塗装を濃いめにつければほぼ問題がない。


楢(ナラ) 無垢材

楢(ナラ)の斑

スプルース 無垢材

スプルースの斑


  【ヤニ】ってなに?

  スプルースはマツ科なのでたまにヤニ(ベタベタした樹液)が出る。気温が上がるとヤニが
  出やすいが年数が経てば固まり、ヤニが出にくくなる。乾燥を十分にすることが必要になる。

 

  【目通り】ってなに?

  よく「目通りがいいね」と言います。目通りとは木目が真っ直ぐしているので曲りが少なく
  仕上りが美しいく建具に最適。反対に目が通っていない材は仕上げにくかったり、後で
  曲がってしまう可能性がある。


スプルース 無垢材

ヤニ

スプルース 無垢材

目通り

  【アテ】ってなに?

  年輪に沿ってスジのようになる“スジアテ”と年輪がはっきりしない“ベタアテ”がある。
  基本的には丸太の元の方にアテが入りやく、また丸太の片面に入りやすい特徴がある。
  アテは小割をすると曲がりやすいですが、幅広く使用する分には問題なく使用できます。
  アテの部分はアテがない所に比べて強度があるため、強度が必要な建築材などに向い
  ています。


スプルース 無垢材

アテ

スプルース 無垢材

スジアテ

  

  当社がある福岡県大川市には、古くからの建具屋さんが多く、建具材としてスプルースが
  良く使用されます。木も1本1本違うので、製材後、自分の目で特徴をしっかり見極める事
  が大切だと学びました。
  お客様へ、よりよい材料を提供できるよう、たくさん学んでいきたいと思います。

   井上 勇人

 

 

 


朱色の木 パドゥク

パドゥク 無垢材

パドゥク検品の様子


こんにちは営業の古賀です。
先日入荷した、厚みが52mmの現地挽き材のパドゥクを早速検品しました。
パドゥクは心材が鮮やかな朱色をしていて、内装材や家具、一枚板天板としてよく使用されます。
今回は52mm材を厚み2ツ割りに製材して納品するため、胴割れと表面の干割れに気を付けて検品を行いました。


パドゥク 無垢材

外気に触れた板との比較


パドゥク 無垢材

色がくっきり違うのが分かります。

朱色が印象的なパドゥクですが、外気に触れると退色して写真のように色が赤黒く変わります。
削るとまた朱色が現れますが、やはり外気に触れると急速に色がかわるので、加工の際、ウレタン塗装をしたりして、外気や直射日光が直接当たらないようにすると、急速に変色することはありません。


パドゥク 一枚板

ウレタン塗装を施した一枚板のパドゥク


パドゥク 一枚板

心材と辺材の差がくっきり

上記の一枚板は今年の5月にウレタン塗装に仕上げた一枚板です。
写真を見て分かるように、辺材と心材の色がくっきりしているため、とってもパドゥク特有の色が
映えます。


パドゥク 丸太

パドゥク丸太

パドゥク 一枚板

一枚板に製材している様子です。

パドゥク 一枚板

製材したばかりで朱色がきれいです。

高田製材所ではパドゥクを現地挽きを仕入れてもいますが、丸太を仕入れて自社で製材もしています。
現在、現地挽き材の他に自社製材分の在庫で34mmと24mmの製材品がございます。
納期はかかりますが、丸太からのご注文も可能です。

是非、お気軽にお問い合わせください。

◆ パドゥクの商品一覧は こちら ◆


お問い合わせ先
(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568


【森の文庫本】1枚からでも購入できます♪

こんにちは事務の藤木です。
今回は、木材見本【 森の文庫本】のお知らせです。


木材見本森の文庫本

榧ってお座敷の匂い?


木材見本森の文庫本

200枚の文庫本が入荷!

9月末に新樹種の「レッドセラヤ」や
在庫のなかったバーズアイメープル、紅葉(モミジ)他計20種入荷しました♪
枚数も多く検品するのも整理するのも一苦労です…。
検品しながら木材の香りを楽しみました。


レッドセラヤ 木材見本

レッドセラヤの森の文庫本


バーズアイメープル 木材見本

バーズアイメープルの森の文庫本


紅葉(モミジ) 木材見本

紅葉(モミジ)の森の文庫本


榧(カヤ) 木材見本

榧(カヤ)の森の文庫本

今月も在庫の無かった「タウキャン」なども入荷予定です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

▼ 木材見本【森の文庫本】はこちら ▼
▼ 新樹種のレッドセラヤについては こちら ▼



お問い合わせ先
(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568