木材は何処からやって来るのか?どんな木材があるのか?
木材流通の現場、仕入れの極意、木の活かし方、製材の方法など木材にまつわる情報をご紹介します。

ウォールナット特大材

今年4月に買い付けしたアメリカンブラックウォルナットの原木を製材しました。直径は1m越えで、元口は1m60cm強ありました。(写真1 メジャーの長さが1m)
長さは6m60cmで根元より4mの所までは外面に節は出ていない、伸びがよい大木でした。(写真2)


ウォールナット原木

写真1


ウォールナット 原木

写真2


ウォールナットの直径は通常30cm前後がほとんどなのですが、一枚板テーブル天板用には1mくらいの材が求められます。しかしながら、ウォールナットの大径木には約50%の確率で釘が埋められています。理由は諸説あるのですが、フェンスの支柱代わりに使われていた時の残骸というのが一般的です。釘は製材中鋸を傷め、非常に危険です。釘の所は鉄分のため黒ずんでいます。(写真3)


ウォールナット 製材

写真3

今回のメインは、なんと厚み20cm、幅106cm、長さ6m60cmの大盤です。(写真4) 製材前は8cmくらいの厚みにする予定でしたが、この木の特長を最大限に活かすにはどうしたらよいか考え、木目、傷の程度を考慮して製材途中で判断しました。結果は☆☆☆ 星3つでした。色、木目も申し分のない大盤が製材できました。(写真5)


ウォールナット 一枚板

写真4

ウォールナット 一枚板

写真5

正直今回は初めにどこから鋸を入れるのかかなり悩みました。丸太を台車にセットし考え直して90度回してみたり、また戻してみたり。なにせ超高級車が買える価格です、シビれました。


国産のクルミ原木を32本製材しました。

国産のクルミ原木を32本製材しました。

直径は30~50cm、長さは2~4.6mまでバリエーションに富んでいます。近年アメリカ産ブラックウォルナットの人気が高いですが、同じクルミ科の木材ということで国産のクルミも人気がでてきています。ウォルナットに比べて色は少し薄いですが、柔らかな印象を与える木材です。

今回は木工房のお客様の注文材が9本です。厚みを27mm、30mm、33mm、39mmに用途に応じて挽き分けました。原木の大きさ、形状、節の程度、材の硬さなどを見て、希望の板を取りました。

残りの23本は当社の在庫木材として製材です。
メインアイテムは厚み50mmの柾目材。クルミの原木は直径が小さいため、柾目の板が非常に取りにくいのです。曲がりが少ない木を選びますが、どの木も多少曲がっているためなかなか上手くいきません。なんとか4本柾目に製材しました。

珍しいアイテムでは75mm厚みの板や60mm厚みで300~500の天板にできる幅広材が取れています。その他50mm、39mm、36mm、27mmの製品ができました。家具用、皿やカッティングボードなどの小物用にできます。