高田製材所の日常をお伝えいたします。

NO.640 “パオローズ” 長さ6.7mカウンター材

こんにちは、営業の田中です。

アフリカの中央付近に生育するパオローズ(pao rosa)の長尺材のご紹介です。

パオローズはローズウッドの代用材として別名アフリカ紫檀とも呼ばれます。

赤紫色で木目がとても美しいのがパオローズの特徴ですが、乾燥が進む期間に表面に細かな割れが入りやすいのが欠点です。



今回ご紹介するNo.640は、製材が終わってすぐ板の表面に割れ防止剤を塗布しました。

直射日光も板が狂う原因になりますので、風通しが良く日が当たらない場所で2年間自然乾燥をしたところ、とても良い状態で乾燥が進んでいます。



 

その中でもこちらの4枚!

 


パオローズ 一枚板

NO.640-3  60×750×6,700mm


パオローズ 一枚板

NO.640-4  60×760×6,700mm


パオローズ 一枚板

NO.640-7  80×680×6,700mm


パオローズ 一枚板

NO.640-9  90×540×6,700mm


・NO.640-3  60×750×6,700mm
・NO.640-4  60×760×6,700mm
・NO.640-7  80×680×6,700mm
・NO.640-9  90×540×6,700mm

は形も良く割れも少ないのでレストランやバーカウンター用におすすめします。

パオローズについてはこちら >>