高田製材所の日常をお伝えいたします。

丸太続々入荷!の季節になりました

こんにちは、

秋が過ぎ、いよいよ丸太が続々入荷する時期になりました。

年間通して一番丸太が入荷するのは冬から春にかけてです。


丸太

手前に丸太は“栃(トチ)”です。


先日、栃(トチ)、柿(カキ)、欅(ケヤキ)、檜(ヒノキ)、栂(ツガ)、山桜(ヤマザクラ)、楢(ナラ)、胡桃(クルミ)、タモ。

久しぶりの椈(ブナ)と新しく“百日紅(サルスベリ)”が入荷しました。


丸太

上に乗っている大きな木は“欅(ケヤキ)”です。


調べたら久しぶりの椈(ブナ)は10年程前に入荷したっきりでした。
丸太置き場にある椈(ブナ)を見ると皮目の部分の感じや元口側の感じが、まるで象の足のよう。
それくらい大きな椈(ブナ)は直径58cm、長さ4.4mもあります。

製材時にはぜひとも写真を撮って皆様に見ていただきたいです。


椈(ブナ) 丸太

椈(ブナ)丸太


新しく入荷した丸太“百日紅(サルスベリ)”。
感じで書くとなんかキレイなイメージです。
 

どういう表情をしているのか、製材が楽しみです。




これからも、春にかけてたくさんの丸太が入荷します。
丸太の販売、注文製材も承っております。

ご相談ください。

詳しくはこちら>>https://mokuzaikan.com/about/facility/special-order.html