高田製材所の日常をお伝えいたします。

バーのカウンター材の相談を受けました。

こんにちは、営業の田中です。

バーのカウンター材の相談を受けました。

仕上りサイズは60×600~700×5700mmです。

アフリカ産の木材では、ウエンジの他にアサメラやアフリカンマホガニーなどカウンター向けの長尺材を多数在庫しています。

その中でお客様がお選びになったのはウエンジのNo.805より、80×660×6500mmの板です。




板にネジレがあった状態でサンダー加工をすると、ネジレたまま仕上がる事があります。

まずはネジレを真っすぐにするために製材機にセットし厚みを製材しました。
概ね70mmで真っすぐになり、この後サンダー加工で60mmに削ります。



その後はおオイル仕上げの予定ですので、その過程は次回ブログ内でご紹介いたします。

ウエンジについてはこちら >>