高田製材所の日常をお伝えいたします。

迫力満点!トチの製材

こんにちは、入社3年目の武下です。

今回は、前回のブログで紹介した九州産の「トチ」の製材の様子をご紹介しようと思います



社長は市場で木材を見た時に「どのくらいの厚さで・何枚取れるか」「どのようなお客様に・いくらで販売し、売り上げがどれくらいになるか」など、頭の中で瞬時に計算をした上で値付けをし、セリに挑むそうです。

すごい!

「トチ」の一枚板のテーブルは、今とても人気です。 今回の「トチ」は、一枚板用に大小合わせて30枚ほど取ることにしました。

 

まずは、枝の部分を切り落とし、平行にして製材しやすいようにします。



その後、製材機で6センチ厚さに製材していきます。

機械に任せているから簡単だろうと思うかもしれませんが、とても気をつかう作業です。製材途中で、中から傷が見つかったりすると、そのつど微調整していかないといけません。




製材後は、割れが出やすい部分にあらかじめボンドを塗り、割れどめをします。その後、弊社で1年から2年ほど自然乾燥、人工乾燥をして出荷となります。1、2年自然乾燥すると、木材にソリや曲がりが出てきます。出荷の際にはまっすぐになるよう加工するので、仕上がりは5センチ厚さくらいになります。

木材によってはもっと長い期間寝かしてから出荷するものもあります。材木屋の仕事は、気の長い商売だなぁと思います。


トチ 一枚板 製材

最後に、迫力満点の製材シーンをご覧ください! このような大きな丸太が製材できる機械を持っている会社が、かつて大川市内には50社ほどあったそうです。しかし、今は弊社を含め、8社ほどになってしまいました。