高田製材所の日常をお伝えいたします。

アメリカ広葉樹を使用した“ワインBARのカウンター”の製作②

こんにちは、営業の古賀です。

2020年10月30日のブログ『アメリカ広葉樹を使用した“ワインBARのカウンター”の製作』の加工続編です。
前回、幅落とし製材→組合せの確認までのご紹介でした。

今回は、ワイド加工からをレポートします。


ハギテーブル 天板

集成加工後


①ワイド加工(未だ高周波にて幅ハギしただけなので、剥ぎ部分から2液性ボンドがはみ出ております。)
先月導入しましたワイドサンダーにて両面を削っていきます。
最終加工はペーパー#120です。


ハギテーブル 天板

ワイド加工後


ハギテーブル 天板

ワイド加工後


次は、大川の協力加工業者の方にお願いし、

②NC加工(正寸カット+カウンタージョイントボルト、ビスケット仕込み)




③ウレタン塗装(全艶消し)
 ワインやグラスの結露による水滴が染みにならないように、ウレタン塗装をお勧めしました。ウレタン塗装による照りを懸念されますが、全艶消しなので照りも抑えられます。


ハギテーブル 天板

塗装仕上げ


を行いました。その後、

④現場搬入
 養生をしっかりおこない、軒先渡しにて配送させていただきました。


⑤設置
 土台とカウンターの接合つきましても、加工前に納まりまでの打ち合わせを、
 オーナー様とご一緒にさせていただきましたので、スムーズにいきました。

 

アメリカ広葉樹を使用した“ワインBARのカウンター”


【仕上りサイズ】
厚み:40mm
長手:700*5860
短手:600*5440
台形:上底約500、下底約1100、長さ1900

【使用樹種】
ウォールナット、チェリー、ホワイトオーク、ホワイトアッシュ、ハードメープル

【加工内容】
反りどめ:T型金物 19本
角R50加工:6カ所
ジョイント:アイカ金物+ビスケット(蓋無し)

 



ウォールナット >>
チェリー >>
ホワイトオーク >>
ホワイトアッシュ >

ハードメープル >>