高田製材所の日常をお伝えいたします。

トラックボディ材の張替えをしました。

こんにちは、事務の石橋です。

8年ぶりにトラック(ユニック車)の荷台を張り替えました。



通常はアピトン、クルインを使用することが多いのですが、入荷が少なく貴重なため、今回は、レッドメランチイロコ(アフリカンチーク)を使用しました。

レッドメランチの特徴は、東南アジアに分布している広葉樹で、軽くて柔らかなものから、重くて硬いものまであり、加工しやすい木材です。
今回はトラックの荷台なので、雨・風に打たれてもいいように、重くて硬いものを使用しました。

まず、トラックの幅に合わせて何本かの根太を、重さが一番かかるところを補強するように並べました。


無垢材

下から見たところ


根太に使用したのはアフリカ・コンゴ産のイロコ(アフリカンチーク)です。

イロコは第一級の強度を持ち、チーク同等の耐朽性を備えています。


イロコ 無垢材

根太はイロコ材


根太の上に、板(レッドメランチ)をキレイに並べ、上からビス(クギ)で打ち込みました。

(このビスは、雨・風に打たれる事により、錆びて、より抜けなくなります)

他の業務の合間を縫っての作業だったので4~5日かかりました。

新しくなった荷台で、気持ちも新しくなりました!



他の業務の合間を縫っての作業だったので4~5日かかりました。

新しくなった荷台で、気持ちも新しくなりました!


レッドメランチ 無垢材

レッドメランチを貼り付け