高田製材所の日常をお伝えいたします。

銀杏(イチョウ) 別荘のテレビ台、キッチンカウンター他部材加工

こんにちは、営業の古賀です。

先日、銀杏(イチョウ)の加工をおこないました。

こちらは、加工前の銀杏(イチョウ)一枚板。

サイズは、110mm×670×6600と110mm×740×6600 の2枚です。

 


銀杏(イチョウ) 一枚板

NO.36-6 110mm×670×6600


銀杏(イチョウ) 一枚板

NO.36-6 110mm×740×6600


それぞれの一枚の板より、天板と引き出し用の前板を取りたいという要望をいただきました。

沖縄県のお客様と弊社がある福岡県という長距離を、メールと電話のやり取りのみで加工方法、墨付けの打ち合わせを行いました。

今回の作業工程は、①低温木材乾燥機による人工乾燥、②高周波プレス、③厚み二つ割り製材、
③の厚み二つ割り製材は②の高周波プレスのおかげで反りも少なく製材出来ました。


銀杏(イチョウ) 一枚板

厚み製材


銀杏(イチョウ) 一枚板

厚み製材


銀杏(イチョウ) 一枚板

厚み製材


銀杏(イチョウ) 一枚板

墨付け




④ワイド加工、⑤発送(大川~鹿児島経由~沖縄)

その後の加工はお客様で仕上げられます。

完成が楽しみです。

 

NO.35の銀杏(イチョウ)は厚み90mmの在庫がございます。
その他にも6m、8.5mのイチョウ一枚板を在庫しておりますので気になる方はご覧ください。

銀杏(イチョウ)一枚板情報はこちら >>