高田製材所の日常をお伝えいたします。

約10年ぶり!アムーラの製材

こんにちは。 事務の中村です。

10月末にアムーラを製材しました。


アムーラ、アムーラ製材、アムーラ丸太

今回製材したアムーラの丸太


アムーラを製材するのは今回で2度目だそうです。

前回の丸太の入荷が2011年だったので、約10年ぶりの製材です。

長く働いているスタッフも

「滅多にしないから貴重だよ」

と言っていました。


アムーラ、アムーラ製材、アムーラ丸太

製材中のアムーラ


今回は9.4mあった丸太を約4mと5mに玉切りして、それぞれ厚さ34mmに製材しました。

アムーラは主に東南アジア、ニューギニアに分布しています。

辺心材の区別は明らかで、心材は赤褐色~濃褐色をしています。


アムーラ、アムーラ製材、アムーラ丸太

きれいな赤褐色がわかるアムーラ


今回製材したアムーラも、きれいな赤色をしていました。

製材したスタッフも

「サペリくらいはっきりとした赤色をしていた」

と言っていました。


アムーラの主な用途としては、建築用造作材、床材、合板、家具などがあげられます。

家具では主に引き出しなどの表に出る部分に使われるそうです。

こんなにきれいな色を引き出しに使うと、その部屋の素敵なアクセントになりそうですね!

 

今回製材したアムーラの他にも様々な丸太を製材しているので、また随時このブログで紹介していきます。