高田製材所の日常をお伝えいたします。

マンゴ丸太が初めて入荷!製材しました。

こんにちは、今年最後の製材は

玉切りをした切り口は黒柿(クロガキ)のようですが、『マンゴ』です。

切り口から少し甘い香りがします。


マンゴ 丸太

製材時の刃こぼれを防ぐため、製材前にしっかりと丸太を見て、石などがかんでいないかをチェックし、あれば取り除きます。


マンゴ 無垢材

しっかりチェック!


チェックを終えたら、いよいよ製材です。

中心部分以外の所は淡い色合いの天板が取れました。




こちらは中心部分。
黒い筋がアクセントで触ってみると滑らかな肌触りです。
黒いところだけを見るとやはり黒柿に似てます。




ハンドルマンにマンゴの丸太を製材した感じを聞いてみると、

「ねっとりした感じ」

ねっとり??どんな感じでしょう。

刃に鋸屑が付いてしまうので、都度、汚れを取り除く必要があるほど。

とのこと。

硬さはウォールナット丸太製材時に近い硬さがあるみたいです。


マンゴ 無垢材

鋸の汚れを取り除く作業


残念ながら、製材時には甘い香りが漂うことはありませんでしたが、初めてのマンゴの丸太。
ワクワクしながら撮影してしまいました。

マンゴは加工しやすい木材のようです。

今から自然乾燥です。どんな天板に仕上がるか今から楽しみです。

 

マンゴ丸太製材時の動画もUPしました >>

マンゴについてはこちら >>