高田製材所の日常をお伝えいたします。

ペルポック丸太を製材

こんにちは、今月、ペルポックの丸太を製材しました。

丸太のサイズは直径69cm、長さ15.6mです。

長さカット後、まずは根に近い丸太を両耳付きの板目に製材。

板目の木目がキレイなペルポックが取れています。



ペルポック 無垢材

両耳付き板目製材


ペルポック 無垢材

寸検


真ん中近くまで製材したところで、丸太の方向を変え、片耳付きの板目~追い柾に製材をしました。


ペルポック 無垢材

片耳付きに製材




今回は1本の丸太を表面材、着色材、芯材の3種に山を分けました。

 

◎【表面材】NO.64① 厚み34mm 幅100~560mm 長さ3.6~4.9m
板目~追い柾があり杢が面白いとおもいます。木口に入皮と一部ヤケがありますが、その部分の尺は引いています。




ペルポック 無垢材

ペルポック NO.64①



 

◎【着色材】NO.64② 厚み34mm 幅100~570mm 長さ1.8~4.7m
板目~追い柾でピンホールやヤケが入っています。




ペルポック 無垢材

ペルポック NO.64②



 

◎【芯材向き】NO.64③ 厚み34mm 幅90~450mm 長さ1.4~5.0m
 




現地挽きにはない木目が魅力のペルポック。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

製材時の動画も掲載しています。
合わせてご覧ください。

ペルポック製材動画はこちら >>

ペルポックについてはこちら >>