高田製材所の日常をお伝えいたします。

製材機ギリギリの大きさ“スプルース”丸太製材

こんにちは、

スプルースの丸太を製材しました。

今回の丸太はとっても大きく、直径124cm、長さ9.2mです。

玉切りをした元部分の直径が140cmとビッグ!


スプルース 丸太

スプルース NO.617


胴割後、柾目に製材するため、さらに半分にカットしますが製材機ギリギリ。。。

調整をしっかり行いカットしていきます。


スプルース 丸太

カット後スプルースを測ってみると、芯から白太部分まで92cm!!

厚み製材後、割れている芯部分は落としていくのでこれから狭くなりますが、なかなか見ない大きさです♪



いよいよ、厚み製材です。
厚みは1寸1分(約34mm)に製材しています。
天板ほど幅があるので、ひっくり返すのにも2人でやっと。



スプルース 無垢材

一通り製材後、芯部分を落として材を整えていきます。その後、サン積みです。

今回製材をしたスプルースにはスジアテと少しチラが入っています。
 


スプルース 無垢材

赤ラインでカットします。


スプルース 無垢材

囲っている部分がチラです。


 

NO.617のスプルースは元側(根)と末側で2山作りました。

◎NO.617-1 元側  幅90mm~660mm  長さ4.3m 79枚






◎NO.617-2 末側  幅90mm~600mm  長さ5.0m 74枚






 

すべて建具向けに製材しています。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

製材時の動画もUPしています。
合わせてごらんください。

スプルースNO.617製材動画はこちら >>

スプルースについてはこちら >>