高田製材所の日常をお伝えいたします。

【製材】栃(トチ)丸太を4本製材しました。

こんにちは、12月最初の製材は『栃(トチ)』。

10月に入荷した丸太です。

 

栃(トチ)の丸太は凹凸があり、バーカーで皮が剥けないため1本1本手で皮を剥きました。
皮の厚みは1cm程とそんなに厚くありませんが、樹皮がピッタリとくっ付いているのでちょっと一苦労。。。


栃(トチ) 丸太

入荷した栃(トチ)丸太


栃(トチ) 丸太

栃(トチ)丸太の皮を手剥き中


早速製材。

◆1本目
長さ2.3mの栃(トチ)丸太を厚み60mmと70mmに製材。
主に中幅450~790mmあり、その中で中幅700mm以上は5枚とれました。
芯部分に大きな穴がありました。




◆2本目
長さ2.4mで厚みは60mmと70mmに製材しています。 
主に中幅530~850mmで中幅750mm以上は4枚あります。




◆3本目
1本目と2本目より少し長くなり、長さ3.0mの栃(トチ)です。
厚み60mmと70mm、75mmの3種類に製材しています。
主に中幅600~870mmで中幅780mm以上は4枚取れています。幅広の良材が多くありました



◆4本目
長さ3.1mの丸太を厚み60mmと70mmに製材しました。 
主に中幅660~790mmで中幅700mm以上は3枚あります。こちらも幅広の良材で元口側に縮み杢が現れています。




いかがでしたか?栃(トチ)は引き続き製材中ですが、

形や赤身の入り具合で色々な表情を見せる栃(トチ)は見ていても面白い木材です。

また、最近では穴や割れがあっても色々な加工工夫でより味のある天板もあるので1本目のように大きな穴があっても大丈夫!という方も増えています。

表情豊かな栃(トチ)。気になる方は是非お気軽にお問い合わせください。

栃(トチ)についてはこちら >>