高田製材所の日常をお伝えいたします。

九州地方台風10号接近予報

大型で非常に強い台風10号が接近との気象予報が出ました。

九州では平成3年、私が未だ中学生の頃に上陸した台風19号、 死者62名、負傷者1,261名をも上回る予報とのこと。
当時を体験した従業員の話では、タモ40mmの1枚板(2名でやっと持ち上げることができる板)が風の力で隣の民家の屋根に飛んで行き、 スレートの屋根は飛んで無くなったとのことでした。

過去の経験を活かし、台風養生に全社員で取り掛かりました。


高田製材所

倉庫に風が入らないようウ入り口をふさいでします。


高田製材所

道路際の材は真ん中に固めてます。


高田製材所

風雨で壊れないよう製材機器をしっかり守ります。


高田製材所

手前の工具箱もスッキリ。


高田製材所

材の高さを低くし、ロープでしっかり固定します。

高田製材所

築30年程ある事務所の日理口には天戸がないため、材料で守ります。