高田製材所の日常をお伝えいたします。

半期に1度の棚卸

こんにちは
営業の古賀です。

先週の土曜日に弊社の棚卸しをおこないました。

弊社の棚卸しは、5月と11月の年2回、実施しています。
私も入社18年となりますので、今回で36回目となりました。

当時と比べると在庫置場(土場)の面積、在庫量、材種もかなり増えました。
材種が100樹種から250樹種取り扱いと150樹種も増えています。


高田製材所 棚卸

2人1組になって材をチェックしています。


以前は日曜日に、会長・社長・営業・事務の6〜7人で朝7:30から棚卸を行い、 昼食を名物「うなぎのせいろ蒸し」食していたことも、良き思い出です。
近年はマンパワーで、社員全員で実施しています。 おかげで、在庫量が増えた今でも作業時間は変わりません。

在庫が沢山あるということは、お客様のニーズにスピーディーに対応できるという事にも 繋がります。

お探しの材がありましたら、一度問い合わせをしてみてください。