高田製材所の日常をお伝えいたします。

日向ぼっこ

こんにちは、営業の古賀です。

コロナウイルスで世の中は大変な日々ですが、木材にも多少影響が出ております。
例えば、アメリカ現地から商社へ向かっている材の、積替がずれたりして入荷が遅れる事態も起きています。
今後、国内でもオリンピックやパラリンピックなどで流通がストップする可能性も否定は出来ません。

現在、お見積の案件も先回りで動けることは、早めに対処しておきたいものです。


さて、桜開花宣言もちらほら出ているほど、気候も春めいて来ました。

こんな日は、白い木材の日光浴日和です。
白い木材は、雨にさらしてしまうと、シミやカビなどの原因にもなります。

最近製材をした、栃(トチ) やポプラ瘤を本日は日光と乾いた風に当てて乾燥させています。


無垢材


2日後には雨が予想されておりますので、雨の前に屋根の下へ移動させます。