高田製材所の日常をお伝えいたします。

ちびっこ木工工作展

こんにちは、営業の古賀です。

先日、私が入会している「大川木材青壮年会」の活動の1つに「ちびっこ木工工作展」があり、木工の街大川の市内の小学校8校より児童が夏休みに制作した木工工作を厳正に審査しました。

毎年350~400作品の出展があるのですが、今年はコロナの影響で夏休みが約2週間ということもあり、出展数は110作品でした。



端材や木の実、流木など様々な木材を使用し、60㎝四角の中に納まる規格の中で、実用的な物から昆虫、動物、乗り物など、児童が短い期間で頑張って作り上げた思いが伝わる作品ばかりでした。

優秀な作品は、「県大会」へ出場し、審査通過の際は、「全国大会」へと進みます。

大川の基幹産業でもある木工の仕事に興味をもっていただけることに感謝しています。




九州地方台風10号接近予報

大型で非常に強い台風10号が接近との気象予報が出ました。

九州では平成3年、私が未だ中学生の頃に上陸した台風19号、 死者62名、負傷者1,261名をも上回る予報とのこと。
当時を体験した従業員の話では、タモ40mmの1枚板(2名でやっと持ち上げることができる板)が風の力で隣の民家の屋根に飛んで行き、 スレートの屋根は飛んで無くなったとのことでした。

過去の経験を活かし、台風養生に全社員で取り掛かりました。


高田製材所

倉庫に風が入らないようウ入り口をふさいでします。


高田製材所

道路際の材は真ん中に固めてます。


高田製材所

風雨で壊れないよう製材機器をしっかり守ります。


高田製材所

手前の工具箱もスッキリ。


高田製材所

材の高さを低くし、ロープでしっかり固定します。

高田製材所

築30年程ある事務所の日理口には天戸がないため、材料で守ります。


丸太の樹皮剥き

こんにちは。
営業の古賀です。
今回は丸太の樹皮剥きについてお話をさせていただきます。

弊社では丸太入荷の際、ほとんどの丸太が樹皮が付いた状態で入荷します。
これから日差しが強くなる時期は、製材を待つ原木は樹皮が日傘の代わりとなり丸太外部からの干割れを防ぎます。

逆に樹皮を付けたままだと虫食いの原因ともなるため、製材をする前には丸太外部・樹皮に付着した小石や砂を取り除き、製材時ノコ歯を傷めないようにします。

真っ直ぐの丸太であれば、バーカー(皮剥き機)にて樹皮を取り除きます。


丸太

バーカー(皮剥き機)での皮むき


しかし、ポプラ瘤丸太のような形が変形したものは、バーカーで剥くことが出来ません。
そこで、通常は手で剥きますが、樹皮が厚い場合はベテラン従業員が、リフトの爪を巧みに操り剥いていきます。


ポプラ 丸太

ポプラ丸太の皮むき


ポプラ 丸太

リフトの爪を上手く利用してむきます。


ポプラ 丸太

皮むき完了


ポプラ 丸太

ボコボコの所もキレイになりました。


この領域に達した社員は、勤続30年以上のベテランです。
ベテラン従業員が引退となる前に、この技術を若手習得できるように教育も怠りません。


半期に1度の棚卸

こんにちは
営業の古賀です。

先週の土曜日に弊社の棚卸しをおこないました。

弊社の棚卸しは、5月と11月の年2回、実施しています。
私も入社18年となりますので、今回で36回目となりました。

当時と比べると在庫置場(土場)の面積、在庫量、材種もかなり増えました。
材種が100樹種から250樹種取り扱いと150樹種も増えています。


高田製材所 棚卸

2人1組になって材をチェックしています。


以前は日曜日に、会長・社長・営業・事務の6〜7人で朝7:30から棚卸を行い、 昼食を名物「うなぎのせいろ蒸し」食していたことも、良き思い出です。
近年はマンパワーで、社員全員で実施しています。 おかげで、在庫量が増えた今でも作業時間は変わりません。

在庫が沢山あるということは、お客様のニーズにスピーディーに対応できるという事にも 繋がります。

お探しの材がありましたら、一度問い合わせをしてみてください。


「春の嵐、雨対策」

こんにちは、営業の古賀です。

今回は、高田製材所の「春の嵐、雨対策」をご紹介します。

弊社では、ほとんどの材料を屋外で乾燥させ、乾いた後に屋根の下で保管します。
屋根の下といっても、軒先の材料は風向きによっては雨に濡れてしまします。
乾燥した材料を良い状態で管理出来るようシートでカバーをするなどして、在庫管理の努力をおこなっています。



ちなみにこちらのシートは、海外製材品が入荷の際に梱包される白黒シートを有効活用しています(^o^)