木材用語辞典【さ行】

笹杢(ささもく)

笹の葉のような模様を描く杢。吉野杉や春日杉に現れるとされる。


散孔材(さんこうざい)

導管の分布が無差別に散材している材。木目ははっきりしないが均質。

桟積み

乾燥を効率的に行うために、ある間隔で小角材(桟木)を挟んで材を積み重ねたもの。


桟積み(さんづみ)

三方柾(さんぽうまさ)

三面に柾目が出るように木取りした材。大径優良材からしか採れない高価な材。

敷居(しきい)

横開きの襖、障子、引き戸のレールとなる横架材。

死節(しにぶし)

枯れた枝が幹に包まれてできたもの。節穴になることが多い

上小節(じょうこぶし)

ごく小さな節があるもの。グレードでいうと上小と無節の間で、直径約10ミリ以下の節が一枚にほんの数個しか含まれていない材のこと。

常緑樹

一年中葉をつけている樹木。

如麟杢(じょりんもく)

魚の鱗のような模様の杢

白太(しらた)

木材のk樹皮に近い淡色の成長段階の未熟な部分。
中心部分に比べて柔らかで狂いは大きい。


白太(しらた)

白太(しらた)

集成材(しゅうせいざい)

小幅の木材を同じ背に方向に接着させながら一定の厚さに成形した板。無垢板としての欠点を除去し、狂いにくく、均質で長大な材を作ることができる。

樹齢(じゅれい)

樹木の年齢

シリカ

二酸化ケイ素のこと

人工乾燥材

木材を機械設備を使って短時間で乾燥させること。蒸気、燻煙、電気、真空、高周波などの手法がある。

心材(しんざい)

木材の内部の色が濃い部分。樹種によっては色で判別できないものある。辺材に比べ耐久性があるため、材としての利用価値が高い。赤味ともいう。


心材(しんざい)

心材(しんざい)

芯去り(しんさり)

樹芯を外した材。芯持ち材に比べて割れにくい。また大径木でないと芯去り材が取れないので高価である。

芯持ち(しんもち)

1本の小丸太から1本の角材を製材したもの。芯去り材に比べて割裂しやすい欠点があるので背割りで防ぐのが普通。

針葉樹(しんようじゅ)

針のような葉を持つ。樹木の葉の形で分けた分類法。もう一方は広葉樹と呼ばれる。

心割れ(しんわれ)

末口(すえくち)

木材を製材したときの幹の先の方の切り口。

スライサー

刃物または加工材を直線的に動かす事によって単板を作る機械。


スライサー

切削(せっさく)

両端を支持した棒状の材料を回転させ、これに刃物をあてて断面を円状に削って成形する加工法。

背割り(せわり)

丸太、または芯持ち材の見付け面への亀裂を予防するために、背の部分に材の中心まで切り込みを行うこと。

早材(そうざい)

年齢の成長が早かった春期の部分で成長時期の初期を表している。

造作材(ぞうさくざい)

室内に表出する床の間、天井、敷居、鴨居、長押など仕上用に用いられる材。

杣角(そまかく)

4面を粗く落としてあるが丸みのついた材。フリッチともいう。

ソリッド材

縦つなぎのない、一枚ものの材料のこと

 

 



お問合せはこちらから

製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
営業カレンダー 【営業時間】8:00~18:00
【休業日】日曜・祝日・第2土曜他