高田製材所の日常をお伝えいたします。

木彩館~もくざいかん~の一枚板天板が充実!

こんにちは、事務の松江です。

『木材展示場 木彩館~mokuzaikan~』には一枚板天板を展示しております。

今年に入って、多樹種の一枚板天板を両面ワイドサンダー加工をし、『木材展示場 木彩館~mokuzaikan~』に

展示しました。

 


一枚板天板

国産材の一枚板天板


一枚板天板

輸入材の一枚板天板


一枚板天板

平積みの一枚板天板


一枚板天板

平積みの長材一枚板天板


一枚板天板の情報は毎月のメルマガ配信でお知らせをしております。

今月も、一枚板天板の新着情報をメルマガでお知らせしてまいりますので、お見逃しなく!!


荒材のまま在庫している一枚板もございます。

お探しの一枚板がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先
(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568


成長

こんにちは、営業の田中です。

今日は県内北部のお得意様のところへ
出かけました。
移動の途中に立ち寄ったのは、福岡と大分の
県境にある東峰村。
この東峰村には「行者杉」という有名な杉が
あります。

 


ここには行者の父と呼ばれる「大王杉」、行者の母と呼ばれる「霊験杉」が立っており、日本の巨木100選に選定された「大王杉」は幹周り8m以上!樹高50m!!推定樹齢600年以上!!!


行者杉(ギョウジャスギ)

大王杉


行者杉(ギョウジャスギ)

霊験杉


高田製材所に入荷した大径の杉を見るとすぐに

「障子何枚出来るだろう?」

「赤身の柾目が広く取れそう!」

と想像しますが、実際にこんな大きな樹木を見るとそんな事も想像できないくらいに圧倒されます。

 


さて、お得意様のところへ新配達担当の『武下』と久しぶりに納品に伺いました。

「前回配達時の注意すべきことをうまく実行できているか!」

と期待しながら向かうと・・・


自社配達

置き場の確保


自社配達

レベルチェック


自社配達

フォークリフトも運転できます。


先に到着していた『武下』は納品先で置き場を準備していました。
まず最初にやる事は材料が平坦に積めるように土台のレベルをチェック。
11月に教えたことをちゃんと実行されていました。
受講しフォークリフトの運転資格も取得しましたので安心して品物をお届けできます。


4トントラック満載近県送料無料で、半年前よりも更に成長した『武下』が真心と誠意を込めて納品に伺います。


まごころこめて配達します!


新種

こんにちは、営業の田中です。
11月14日の68年ぶりのスーパームーンはご覧になれましたか??
当日あいにく福岡県は雨空のために見れませんでしたけど、前日は大きな月が見れました。大きめの潮の動きとこの月の動きで奇跡を狙い、13日(日)の午後から片道2時間の佐賀県唐津市まで『夕まずめ』狙いで釣りに行きました。
16時から18時の2時間、とある漁港の波止場から竿を振り続けた釣果は20cmをはじめたとしたカサゴ4匹と25cmオーバーの超高級魚のキジハタ2匹。


釣果


約20年近くこの一帯で釣りをしていますが、これまで釣った事がなかったハタ類がこの数年で釣れるようになりました。近年放流されている恩恵か、それともスーパームーンの恩恵か。
私自身はこの「新種」の出現は嬉しい限りで、肝心の釣り場所は秘密です。


さて、お仕事です。
この春から私たちの仲間に加わった配送担当『 武下正義 』。
時には先輩達から叱られ、そして指導を受け日々成長しております。
一口に配送といっても、私たちの仕事はただトラックに積んでお客様のところに降ろすだけが仕事ではありません。納品先で保管中に板が曲がったりしないように、またお客様方が使いやすいように工夫をしながら積み降ろす事も大事な仕事です。
これは先日のブログで紹介した『品質管理』と同様で、在庫管理方法と同じようにお届け先でも実行しています。


スタッフ

まずはお届けする納品場所の置き場のレベルを測る事から始まります。
ここの高さが一定になっていないと、のちのち反りが発生するリスクがあるからです。
そして土台と同じ位置に桟木をおいて板を積んでいきます。

 


品質管理

レベルチェック中


品質管理

桟積中


品質管理

土台と桟木位置確認


一方だけから見ても奥がズレてる事もありますので、反対側もチェックしズレがあれば都度修正。
そして積み終われば全体を見渡して再確認します。


品質管理

反対側からも桟木チェック


品質管理

桟木ズレ修正中


品質管理

納品完了

九州圏内は可能な限り4トントラック満載で自社便配送をしています。
成長した『 武下正義 』が誠意を込めてお届けいたします。
近県送料無料です!

 


『品質管理』

こんにちは営業の田中です。

取扱樹種や取扱数が増えると、それぞれの材に応じた管理方法が必要になってきます。
原木を製材しながら乾燥する際に、通気が良くなるよう桟木を入れていきますが、この
桟木を入れる間隔にも決め事があります。 
自然乾燥中の木材でも雨に濡れてよい材、シミやカビなどが入らないように濡れては
いけない材もあります。


無垢材

4~4.5m建具材


無垢材

4m建具天乾中


工場内で保管をするときには、板の長さ別の他にも置場や積み方のルールがあり、正面
から見て桟木が入った位置が一直線になるように保管しています。


無垢材

2m天板材


無垢材

3m天板


無垢材

4~5mカウンター材


これは上からの重力を分散させないよう、板に出来るかぎり曲がりや反りを発生させない
ようにするのが目的です。


 

また、在庫の中には海外で製材され人工乾燥処理をした材も多数あります。
すぐに使用可能な木材は決して雨に濡れないように屋根の下に保管しています。


無垢材

海外製材人乾材


お客さまにより良い材料をお使いいただくために、弊社ではこのような在庫管理をしています。


暑さに負けず全力営業中!

高田製材所

おいしく焼けますように~


営業の古賀です。
お盆休み前日に、毎年恒例のお疲れさま会を
実施しました。
おいしいお酒とバーベキューで心身ともに
リフレッシュができました♪
お盆を過ぎてもなかなか涼しくなりませんが、
社員一同、一生懸命がんばって営業しており
ます。












高田製材所

全力営業に向けて、カンパーイ


高田製材所

語る男3人組