メンクラン

目利きの一言

メンクランはアオギリ科の木材で、東南アジア全域で産出され、合板用材として主に使われています。光沢のあるマホガニーに似た木目で内装、家具等にも適しています。乾燥は早く加工は難しくないですが、シリカを含むため鋸の摩耗がしやすいです。

取扱商材

メンクラン 無垢材

無垢材の在庫を取り揃えております。
商品一覧から各商品の詳細をご確認ください。

商品一覧はこちら


メンクランについて

特 徴 心材と辺材の差は明瞭で、辺材は淡色~淡黄褐色、心材は桃褐色~赤褐色で材面には金色の光沢がある。木理は通直ないし交錯。この交錯木理により柾目面には縞状の木目やリップルマークが出る。肌目は粗。耐久性はやや高い。乾燥が早く、乾燥後の材は安定している。加工が容易だがシリカが含まれているので刃物を早く鈍らせる。
材により軽軟~重硬と異なりその材質により用途が異なり、軽軟な材は家具や造作などに、重硬な材は構造材や造船、器具などに使われる。
用 途 家具、内装
水に強い ★★☆ 木目が珍しい 色 味 赤系
アオギリ 産 地 東南アジア 比 重 0.60~0.81


お問合せはこちらから

製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
営業カレンダー 【営業時間】8:00~18:00
【休業日】日曜・祝日・第2土曜他