カウンター加工実績

キーワードで絞り込む:

銀杏(イチョウ) 鮨カウンタテーブル一枚板

【 2021年2月 】

2017年秋に納品した銀杏の鮨カウンターです。
納品したあとで大きな割れや狂いが発生していないかを確認に伺いました。

若干収縮や小さな割れが入っていましたが、店主の方より

「このカウンターがお店の顔になりました」

節があったり割れが入るのは天然の素材を使っているので全く問題ありません」

「お客様がカウンターを撫でてくれるのが嬉しいです」

との感想をいただきました。




樹種名 銀杏(イチョウ)
用途 鮨カウンタテーブル
サイズ カウンター90×500×5000mm
付台30×200×5000mm
加工内容 両面サンダー加工~NC整形加工

モンキーポッド BARのL字カウンター

【 2020年10月 】

ワインBARのL字カウンター用にモンキーポッドをおススメしたところ、すぐに気に入っていただけました。

モンキーポッドは明る過ぎず、暗すぎない、落ち着いた空間に合う強弱のある木目が特徴です。


モンキーポッド 一枚板

板に印付け760×2460mm


モンキーポッド 一枚板

短手540×1200mm


モンキーポッド 一枚板

ワイドサンダー加工仕上げ


樹種名 モンキーポッド
用途 BARのL字カウンター
サイズ 荒一枚板 60mm×780×4900
加工内容 耳落とし製材
ワイド加工
正寸カット
カウンタージョイントボルト+ビスケットの仕込み
ウレタン塗装
T型金物反りどめの仕込み

檜(ヒノキ) 和食店カウンター一枚板

【 2020年8月 】

お得意様より檜(ヒノキ)の長尺カウンター一枚板の相談を受けました。
希望サイズは75×580×5500mmで用途は高級鮨店のカウンターです。 

ホームページ掲載の檜(ヒノキ)よりそれに合う一枚板をご購入いただき、
地元大川市の協力会社にお願いし両面を♯120でサンダー加工し納品、そのあとはお得意様自身でカンナで仕上げをされます。

施工後を見学し、光沢あるカンナ仕上げの美しさに感動しました。


檜(ヒノキ) 一枚板

檜(ヒノキ)一枚板 NO.6691-6


檜(ヒノキ) 一枚板

90mm×650×6700


檜(ヒノキ) 一枚板

檜(ヒノキ)カンナ仕上げ後


檜(ヒノキ) 一枚板

檜(ヒノキ)カンナ仕上げ後


樹種名 檜(ヒノキ)
用途 和食店のカウンターテーブル
サイズ 荒寸 90mm×650×6700 1枚
加工内容 両面ワイドサンダー加工

楠(クス) キッチンカウンター

【 2020年8月 】

楠(クス)材でキッチンカウンターのご注文をいただきました。

両面サンダー加工後に片側白太の腐食を削り落して整形。
その後にIHなどが入る部分をNCルーターで開口した後にウレタン全艶消しで塗装。

地元大川市の協力業者3社に加工をお願いして、無事納品することが出来ました。


楠(クス) 一枚板

楠(クス)一枚板 全体


楠(クス) 一枚板

使用位置の確認


楠(クス) 一枚板

塗装後の木表


楠(クス) 一枚板

塗装後の木裏、反り止めあり


樹種名 楠(クス)
用途 キッチンカウンター
サイズ 加工サイズ60mm×800×2500
加工内容 両面サンダー ~ 開口2箇所 ~ ウレタン全艶消し

檜(ヒノキ) 和食店のカウンターテーブル

【 2020年6月 】

和食店の店舗カウンターテーブル用に檜(ヒノキ)一枚板のご注文をいただきました。
檜(ヒノキ)一枚板を大川の協力加工業者の方に協力いただき、ワイド、NC、正寸カット、反り止め、チギリ、割れ補修まで行いました。
塗装は現場でされます。


檜(ヒノキ) 一枚板

加工前


檜(ヒノキ) 一枚板

チギリ加工


檜(ヒノキ) 一枚板

チギリ



 


檜(ヒノキ) 一枚板

反り止め用の溝


檜(ヒノキ) 一枚板

T字反り止め埋め込み


檜(ヒノキ) 一枚板

割れ補修



 


檜(ヒノキ) 一枚板

NC加工


檜(ヒノキ) 一枚板

耳研磨


檜(ヒノキ) 一枚板

加工完了後


樹種名 檜(ヒノキ)
用途 和食店のカウンターテーブル
サイズ 荒60mm×630×5100
加工内容 ワイド、NC、正寸カット、反り止め、チギリ、割れ補修