高田製材所の日常をお伝えいたします。

眠れる木材を起こしてみた②

こんにちは。

『眠れる木材を起こしてみた①』の続きです。

前回は “黒松(クロマツ)”をご紹介しました。

今回、ご紹介する材はこちら!

『屋久杉(ヤクスギ)』

眠っていた屋久杉は、弊社で15~20年以上前に製材をした屋久杉です。
色々な厚みに製材されています。



眠っていた屋久杉は、弊社で15~20年以上前に製材をした屋久杉です。
色々な厚みに製材している屋久杉を厚み別に仕分けしました。

 


屋久杉(ヤクスギ) 無垢材

屋久杉(ヤクスギ)厚み別に仕分け


厚みは3分(9mm)~1寸5分(45mm)まで様々。


屋久杉(ヤクスギ) 無垢材

3分(9mm)


屋久杉(ヤクスギ) 無垢材

4分(12mm)


屋久杉(ヤクスギ) 無垢材

5分(15mm)


屋久杉(ヤクスギ) 無垢材

6分(18mm)


屋久杉(ヤクスギ) 無垢材

7分(21mm)


屋久杉(ヤクスギ) 無垢材

8分


屋久杉(ヤクスギ) 無垢材

1寸1分(34mm)


屋久杉(ヤクスギ) 無垢材

1寸5分(45mm)


建具ドアの面材や腰板、彫刻などにおススメです。

気になる方はお気軽にお問い合わせください^^