高田製材所の日常をお伝えいたします。

ブビンガ 天井材

こんにちは、営業の村石です。

今回、おススメの木材はアフリカ産『ブビンガ』です。

材質的に非常に硬いブビンガ材ですが、アイジャクリ加工を施し、天井材にしあげました。

 

 


ブビンガ 無垢材

ブビンガ アイジャクリ加工仕上げ



施工後の仕上りも非常に良く、ブビンガ材独特の濃い赤色が出ました。

経年とともに色に深みが出てきますので、これからが楽しみです。


ブビンガ 無垢材

ブビンガ 施工前


ブビンガ 無垢材

ブビンガ 施工後

弊社のブビンガ在庫は、ダイニング・カウンター用の耳付き材から平板の厚み40mm、52mm材 他、長さ4.0m以上取れる商品をご準備しております。
 

ブビンガの商品一覧は こちら >>
 

お気軽にお問い合わせください。

 

 

お問い合わせ先

(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568


ブビンガ 無垢材

ブビンガ天井材 仕上り


チェリー 特注フローリング 製作

こんにちは、営業の田中です。
長崎市内のイタリアンレストランより、

『既製品にはない有効幅180mm~200mmの
 フローリングが欲しい!』

と相談を受けました。

天然木がお好きなオーナー様でカトラリーも
チェリーなどをお使いです。


チェリー 無垢材

チェリー 特注フローリング

使用した材は、NO.32752 チェリー4/4インチ(25mm)
広い板が多く入っていて、赤身も広くほぼ無節です。

この中より、幅200~240mmの板を22枚選びました。


チェリー 無垢

NO.32752 チェリー


地元協力会社に加工をお願いし、働き幅180mmの長さ3.0mで裏面に反り防止溝も入れ3.5坪製作。

モルダー加工は幅約190mmまで1回通しで加工出来、2回通せば幅約300mmなども製作可能です。

 

~モルダー加工~


チェリー 無垢材

チェリー モルダー加工①スタート


チェリー 無垢材

チェリー モルダー加工②出始め


チェリー 無垢材

チェリー モルダー加工③半分まで出てきました。


チェリー 無垢材

チェリー モルダー加工④完了~チェック


 

~仕上り~


チェリー 無垢材

チェリーフローリング 木目

チェリー 無垢材

チェリーフローリング 木口断面表面

チェリー 無垢材

チェリーフローリング 木口断面裏反り止め溝


 

仕上ったフローリングをご覧になったオーナー様にも大変喜んでいただきました。

 

 

チェリーの商品については こちら >>

 

お問い合わせ先

(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568


昔から人気が非常に高いアメリカンブラックウォールット

こんにちは、村石です。
早いもので今年も2ヶ月が経とうとしております。

今回のイチオシは、皆さんご存知のウォールナットです。
加工性が非常によく、磨けば磨くほど艶がでてきます。
塗装仕上がりも良く、高級感がある色合いになります。

世界の三大銘木として有名ですが、ヨーロッパでは、
オーク・マホガニー・アッシュと並んで4大木材として
知られています。


ウォールナット 一枚板

ウォールナット塗装後


昔から高級家具に広く使われてきましたが、最近ではダイニングを始め、キッチンカウンターなどにも使用されております。


弊社では現地より原木の直接検品、仕入れを行なっておりますので他ではない幅広材や長尺材、
色質の良い良材の確保を日々行なっております。


ウォールナット 一枚板

ウォールナット原木


写真の加工写真は、キッチンカウンターの加工前(検品時)の写真と加工後(塗装他)の写真になります。

<加工前(検品時)


ウォールナット 一枚板

加工前~全体


ウォールナット 一枚板

加工前~印付け



<加工後(塗装他)


ウォールナット 一枚板

加工後①


ウォールナット 一枚板

加工後②



 


常時在庫しておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

 

ウォールナットの商品については こちら >>

 

お問い合わせ先

(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568

 

 

 



ひと足先に桜前線、春の到来!

こんにちは、営業の古賀です。

2月だというのに、この時期らしくない気温が続く九州北部地方、大川市より春のお知らせです。

日本人だけではなく、今では海外からも桜の開花を見に来るほど有名な日本を代表する樹木の一つ、

桜【山桜(ヤマザクラ)】を一枚ずつ丁寧に製材しました。

 

 


山桜(ヤマザクラ) 一枚板

山桜(ヤマザクラ)H27年10月製材 NO.6667


通常、山桜(ヤマザクラ)は大径木が市場に出荷されることが少なく、製材後の板幅は広くても
300mm~400mm位が主流ですが、今回の材は幅400mm以上の一枚板が多く製材できました。

まれに、山桜(ヤマザクラ)は黒スジの多いものや全体的に黒い色のものがありますが、
今回の丸太は色が良いものでした。

 


山桜(ヤマザクラ)の丸太は、通常径が小さいと先ほどもお話をしましたが、
製材後に板がプロペラのようにネジレてくる材が多く、使用の際に広く長くではなく、
小物などの製作に使われることが多いのですが、今回ご紹介する材は、そのままの
サイズで製作
することが出来ます。
 


山桜(ヤマザクラ) 一枚板

山桜(ヤマザクラ) NO.6667 検品中


山桜(ヤマザクラ) 一枚板

材の状態をチェックします。


素性が良くても幅が狭く、天板用としての使用の際3~4枚ハギをしなくてはなりませんが、

今回の山桜(ヤマザクラ)は2枚ハギで制作が可能です。


山桜(ヤマザクラ) 一枚板

山桜(ヤマザクラ)NO.6667-16


山桜(ヤマザクラ) 一枚板

山桜(ヤマザクラ)NO.6667-4


もうすぐご入学、新生活スタートのシーズンです。

学習机や趣味の作業台、ダイニングテーブル、座卓、キッチンカウンターなど用途は様々。

早い者勝ちの一枚板です。

山桜(ヤマザクラ)の商品一覧はこちら >>


社長に杉(スギ)を学ぶ

杉(スギ) 無垢材

社長と一緒に杉(スギ)を検品


こんにちは、営業の井上です。

第1弾の『スプルースを学ぶ』に引き続き、第2弾!『杉(スギ)を学ぶ』です。

今回は、障子やドア用に杉(スギ)を社長と一緒に検品!

 

杉(スギ)

日本を代表する“杉(スギ)”は私たちの生活の中で一番身近に感じられる木ではないでしょうか。

杉(スギ)は色や香り、加工性のよさや耐久性などに優れ、建築から建具まで幅広い用途で使用できる木材です。

高田製材所では、杉(スギ)の原木を仕入れ、製材をしております。

 


杉(スギ) 無垢材

杉(スギ)丸太


製材だけでなく、その材がどういう用途に適している材か見極めが必要です。
スプルース同様、建具材とし多く使用される杉(スギ)ですが、
目的にあった材を見分けられるよう、色、目通りや目合い、節、割れ、アテの状態を見ながら学びます。



一つ目に、『色』

1本1本丸太によって色の
・薄い色や濃い色・・・障子やドアに向きます。
・アクが出ている材・・・外部の建具に耐久性があります。
など違いがあります。
また、最近では古民家などでは使用されることもあるようです。


杉(スギ) 無垢材

白~黄色


杉(スギ) 無垢材

ピンク色


杉(スギ) 無垢材

赤黒色とアク



二つ目に、『目通りと目合い』

目合いは、目細、中目、目荒と分けられます。

障子は目の通りがまっすぐで目合いは目細の方が好まれます。
框や組子、骨など細かく使用するため、1寸1分~1寸2分(約34~36mm)の厚みに製材をします。

目荒の場合、主にドアや幅を広く使用する場所などに、1寸3分~1寸5分(約40~45mm)の厚みに製材をします。

比べてみましょう♪


杉(スギ) 無垢材

目細で目通りはまあまあです。


杉(スギ) 無垢材

中目で目通りの良い材です。


杉(スギ) 無垢材

目荒で目通りは曲がっています。



三つ目に、『節、割れ、アテ』 など注意をしながら検品。

また、忘れてはいけないのが葉節(ハブシ)”。杉(スギ)に多く入っており、
高田製材所がある大川市では、葉節(ハブシ)の入った杉(スギ)は障子用に好まれません。
ですが、昔は雨戸用などで使用する場合は葉節(ハブシ)が入っている方が強い!という聞いたことがあります。


杉(スギ) 無垢材

節、割れ、アテをしっかり見ます。


杉(スギ) 無垢材

小さな節がポツポツあるのが葉節(ハブシ)です。


 

最近では、源平で使用されることも多くなってきている杉(スギ)材!
白太の状態もしっかり検品します。

余談ですが、
“源平”という言葉は源氏と平氏の戦いで、源氏は白旗、平氏は赤旗を掲げて戦ったことから由来しているそうです。


杉(スギ) 無垢材

白太もしっかり見ます!


お客様が求めている材料を見極め、ご提供できるようこれからも日々勉強してがんばります。

井上勇人