高田製材所の日常をお伝えいたします。

とても珍しい!九州産のトチ

こんにちは。今月からブログをはじめさせていただく、高田製材所入社3年目の武下です。

どうぞよろしくお願いします。

 

早速ですが、この木材がなんだかわかりますか?



答えは、「トチ」です。

9月に熊本で行われた市場の最大の目玉で、社長が一目見た瞬間「これはぜひ手に入れたい!」と思い、見事に競り落としてきたものです。

長さは約5メートル、幅は約1.5メートルの「トチ」を目の前にすると、その迫力に思わず言葉が出ません。



材木に詳しい方はご存知だと思いますが、「トチ」の主要産地は、東北や信州、北陸。つまり、寒い気候のところがメインです。

ということで、今回ご紹介する九州産の「トチ」は、数年に一度出るか出ないか、とても貴重な存在なんです。ちなみに、こちらは大分県竹田市のもの。温暖なイメージがある九州ですが、大分県竹田市は山間部にあるため、冬はかなり寒く頻繁に雪も降ります。だからこそ、こんなに立派な「トチ」が育ちます。

九州産の「トチ」と、ほかの産地の「トチ」で、一体何が変わるんでしょうか? ふと疑問に思って私は、社長に聞いてみました。

すると 「ん〜、同じトチやけんね。そげん違いはなかとよ」とのことです…

材質には変化がないそうですが、自分が生まれ育った九州で「トチ」が出たと聞くと、「これはぜひ手に入れたい」と熱くなってしまうそうです。「トチ」は人気の木材なので、弊社でも取り扱いが多いのですが、九州産のものが珍しいということを今回はじめて知りました。

 

次回のブログでは、「トチ」の製材についてご紹介します。



紅松(ベニマツ)製材

こんにちは、営業の田中です。

今年の7月と9月に、4mの紅松(ベニマツ)原木を80本あまり仕入れ、9月と10月で68本受注し、製材しました。

主な用途は鋳物木型や仏壇彫刻用です。

全てお客様方の用途やご希望に沿う厚みで製材しました。


紅松(ベニマツ) 無垢材

製材前の紅松(ベニマツ)原木


紅松(ベニマツ) 無垢材

木型用に35mmに製材

10月6日の時点で4mの原木が10本在庫があります。

次回の原木入荷は未定ですので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

 

紅松(ベニマツ)についてはこちら >>


“キソケトン”など新しく4樹種の丸太を製材しました。

こんにちは、事務の松江です。

高田製材所では国産材、輸入材ともに多くの樹種を取り扱いしています。
その中に新たに仲間入りをした、4つの樹種を椅子用に厚み26mmに製材しました。

新しい木材だったので見たことも、聞いたこともない樹種でしたので、色々調べたり、ハンドルマンが製材した感想などを交えてご紹介いたします。


ティーツリー 無垢材

【キソケトン】

産地:パプアニューギニア
科 :センダン科
比重:0.56
用途:木工用材、引き出しの側面板など
特徴:心材と辺材の差は不明瞭で心材は灰色から褐色で辺材は淡色。木理は交錯し、肌目はやや粗。中庸ないしやや重硬。


キソケトン 丸太

キソケトンの丸太


キソケトン 無垢材

木目


製材をしたキソケトンは、製材した感じは、ペルポックに似たような材質で、色は肌色、材質は弱く。白太にピンホールがありますが、赤身は目通りが良くキレイな材でした。
芯節からの腐れが少々入っています。反りやすいので注意が必要です。

 


 

【ティーツリー】

学名:Melaleuca sp.
産地:オーストラリア
科 :フトモモ科
比重:0.72~0.80
用途:家具材など
特徴:辺材は黄白色で心材は赤褐色。辺心材の差は明らか。心材には不規則な黒い縞模様が入る。重硬で粘りがあり曲げに強い。


ティーツリー 丸太

ティーツリーの丸太


ティーツリー 無垢材

木目


ティーツリー 無垢材

縮み杢がびっしり


ティーツリーを製材した感じでは、ウエンジっぽく、製材したばかりの時は赤身の部分が赤黒く、乾くと少し薄くなりました。白太の一部にピンホールが少々あります。また、板全体に縮み杢、弊社ではニヤトー杢とも言いますが、それがびっしりと入っています。芯割れが少しあります。抱えるとずっしりとした重みが感じられます。

 


 

【ガロガロ】

学名:Mastixiodendron pachyclados.
産地:パプアニューギニア
科 :アカネ科
比重:0.66~0.86
用途:軽構造材、旋作用材など
特徴:心材と辺材の差は不明瞭で色は黄白色~淡黄褐色。木理は通直で肌目は精。重硬~やや重硬と少し差がある。製材、加工、乾燥は容易だが耐朽性は高くない。材面が脂分あるような感じで滑りやすく、反りが出やすいので注意が必要。


ガロガロ 丸太

ガロガロの丸太


ガロガロ 無垢材

木目


ガロガロは製材時、鋸に吸い付くようで、硬さや製材した感じではチークに近く、材面に脂分があるような感じで触ってみると滑らかなため、製材時も滑りやすく、反りやすい材でした。
色は淡黄白色で白太に一部ピンホールと芯部分に割れがありますが、赤身の部分は良材です。

 


 

【イエローハードウッド】

学名:Neonauclea hagenii
産地:パプアニューギニア
科 :アカネ科
比重:0.62~0.79
用途:重構造用材、梱包用材、脚物家具、床板など
特徴:挽いた直後は心辺材の差は明らかで辺材が淡黄色、心材は鮮やかな橙色だが、大気にさらして長時間経つと心辺材の差が不明瞭になり心材が淡い色味に変化する。木理は交錯し、肌目はやや精。やや重硬で加工や乾燥は良好だが時に割れを生ずるものがある。


イエローハードウッド 丸太

イエローハードウッドの丸太


イエローハードウッド 無垢材

木目

イエローハードウッドは比重で見ると、今回製材をした4本のうち2番目に軽い木材ですが製材した感じでは、一番固く、胴割りをしてもすぐ反る木材でした。

白太が太く、イエローと名が付くのに製材したときに出た材面は朱色で???と頭に出てきたほどです。ですが柔らかな朱色はこちらもハードとの言う名に似合わないキレイな色味です。

特徴の記載にあるとおり、時間が経つと赤身が和らいでいるのが分かります。


イエローハードウッド 無垢材

少し時間が経ったイエローハードウッド


 

これからも様々な木材を製材し、ブログや動画でご紹介します。

お見逃しなく!!

 

これまでの製材動画はこちらで見ることができます。>>https://mokuzaikan.com/about/movie/


バルサム製材中!!

こんにちは、営業の井上です。

世界で新型コロナの影響で大変な状況が続いている中、福岡県大川市にある弊社も緊急事態宣言の7都道府県に入り、今日から福岡の施設などの休業要請も出ているようです。

そんな中ですが、高田製材所では、万全を期してバルサムを製材しています。




フラッシュの芯材や枠材向けですが、節、アテが少ないバルサムなので、内装材としてもおススメです。

今回、1寸5分(45mm)、1寸3分5厘(40mm)、8分(24mm)など色々な厚みに製材しています。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。




 

バルサムについてはこちら >>https://mokuzaikan.com/item/muku/bf/


マンゴ丸太が初めて入荷!製材しました。

こんにちは、今年最後の製材は

玉切りをした切り口は黒柿(クロガキ)のようですが、『マンゴ』です。

切り口から少し甘い香りがします。


マンゴ 丸太

製材時の刃こぼれを防ぐため、製材前にしっかりと丸太を見て、石などがかんでいないかをチェックし、あれば取り除きます。


マンゴ 無垢材

しっかりチェック!


チェックを終えたら、いよいよ製材です。

中心部分以外の所は淡い色合いの天板が取れました。




こちらは中心部分。
黒い筋がアクセントで触ってみると滑らかな肌触りです。
黒いところだけを見るとやはり黒柿に似てます。




ハンドルマンにマンゴの丸太を製材した感じを聞いてみると、

「ねっとりした感じ」

ねっとり??どんな感じでしょう。

刃に鋸屑が付いてしまうので、都度、汚れを取り除く必要があるほど。

とのこと。

硬さはウォールナット丸太製材時に近い硬さがあるみたいです。


マンゴ 無垢材

鋸の汚れを取り除く作業


残念ながら、製材時には甘い香りが漂うことはありませんでしたが、初めてのマンゴの丸太。
ワクワクしながら撮影してしまいました。

マンゴは加工しやすい木材のようです。

今から自然乾燥です。どんな天板に仕上がるか今から楽しみです。

 

マンゴ丸太製材時の動画もUPしました >>

マンゴについてはこちら >>