高田製材所の日常をお伝えいたします。

ペルポック丸太を製材

こんにちは、今月、ペルポックの丸太を製材しました。

丸太のサイズは直径69cm、長さ15.6mです。

長さカット後、まずは根に近い丸太を両耳付きの板目に製材。

板目の木目がキレイなペルポックが取れています。



ペルポック 無垢材

両耳付き板目製材


ペルポック 無垢材

寸検


真ん中近くまで製材したところで、丸太の方向を変え、片耳付きの板目~追い柾に製材をしました。


ペルポック 無垢材

片耳付きに製材




今回は1本の丸太を表面材、着色材、芯材の3種に山を分けました。

 

◎【表面材】NO.64① 厚み34mm 幅100~560mm 長さ3.6~4.9m
板目~追い柾があり杢が面白いとおもいます。木口に入皮と一部ヤケがありますが、その部分の尺は引いています。




ペルポック 無垢材

ペルポック NO.64①



 

◎【着色材】NO.64② 厚み34mm 幅100~570mm 長さ1.8~4.7m
板目~追い柾でピンホールやヤケが入っています。




ペルポック 無垢材

ペルポック NO.64②



 

◎【芯材向き】NO.64③ 厚み34mm 幅90~450mm 長さ1.4~5.0m
 




現地挽きにはない木目が魅力のペルポック。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

製材時の動画も掲載しています。
合わせてご覧ください。

ペルポック製材動画はこちら >>

ペルポックについてはこちら >>



紅椨(ベニタブ)製材

こんにちは、今日の製材は

ゴツゴツとした椨(タブ)の丸太。

細かい調整を繰り返し、いよいよ製材です。




製材してみると中は赤。

紅椨(ベニタブ)です。

ベニタブはシロタブに比べて虫が付きにくいそうです。



今回製材をしたタブは瘤杢、縮み杢が入った天板です。


椨(タブ) 無垢材

縮み杢が入った椨(タブ)


製材時の動画もUPしています。
合わせてごらんください。

椨(タブ)製材動画はこちら >>

椨(タブ)についてはこちら >>


製材機ギリギリの大きさ“スプルース”丸太製材

こんにちは、

スプルースの丸太を製材しました。

今回の丸太はとっても大きく、直径124cm、長さ9.2mです。

玉切りをした元部分の直径が140cmとビッグ!


スプルース 丸太

スプルース NO.617


胴割後、柾目に製材するため、さらに半分にカットしますが製材機ギリギリ。。。

調整をしっかり行いカットしていきます。


スプルース 丸太

カット後スプルースを測ってみると、芯から白太部分まで92cm!!

厚み製材後、割れている芯部分は落としていくのでこれから狭くなりますが、なかなか見ない大きさです♪



いよいよ、厚み製材です。
厚みは1寸1分(約34mm)に製材しています。
天板ほど幅があるので、ひっくり返すのにも2人でやっと。



スプルース 無垢材

一通り製材後、芯部分を落として材を整えていきます。その後、サン積みです。

今回製材をしたスプルースにはスジアテと少しチラが入っています。
 


スプルース 無垢材

赤ラインでカットします。


スプルース 無垢材

囲っている部分がチラです。


 

NO.617のスプルースは元側(根)と末側で2山作りました。

◎NO.617-1 元側  幅90mm~660mm  長さ4.3m 79枚






◎NO.617-2 末側  幅90mm~600mm  長さ5.0m 74枚






 

すべて建具向けに製材しています。
気になる方はお気軽にお問い合わせください。

製材時の動画もUPしています。
合わせてごらんください。

スプルースNO.617製材動画はこちら >>

スプルースについてはこちら >>


【製材】鮮やかな紫色!パープルハート


こんにちは、

鮮やかな紫色!パープルハートを柾目に製材しました。



厚みは35mm、50mm、66mm。

製材時にはくすんだ色をしていますが、時間が経つと鮮やかな紫色に変化します。


パープルハート 無垢材

製材後すぐ

パープルハート 無垢材

少し時間が経ったパープルハート


すべて赤身寸検をし、割れ止めにボンドを塗っています。




内装材や家具材にも使用されるパープルハート。

気になる方は是非お問い合わせください。

 

製材動画はこちら >>

パープルハートについてはこちら >>


【製材】浅田(アサダ)を盤木に製材

こんにちは、北海道産の浅田(アサダ)丸太を多数製材しました。
直径36cm~42cm、長さは2.4~3.0mあります。



浅田(アサダ)はカバノキ科で、強靭で割れにくい木材です。
床板や敷居、器具や家具材などに使用されます。

今回、12本の丸太を厚み150mm~200mmの盤木に製材し、2本の丸太を36mmと55mmに製材しました。




色味がきれいな浅田(アサダ)です。



◎浅田(アサダ) NO.14-3他
 厚み150~200mm、幅300~450mm、長さ2.4~3.1m



◎浅田(アサダ) NO.15-2他
 厚み55mm/36mm、幅130~420mm、長さ2.5~3.0m



浅田(アサダ)丸太を製材している動画も配信しています。
合わせてご覧ください。

製材動画はこちら >>

浅田(アサダ)についてはこちら >>