高田製材所の日常をお伝えいたします。

アメリカ広葉樹を使用した“ワインBARのカウンター”の製作②

こんにちは、営業の古賀です。

2020年10月30日のブログ『アメリカ広葉樹を使用した“ワインBARのカウンター”の製作』の加工続編です。
前回、幅落とし製材→組合せの確認までのご紹介でした。

今回は、ワイド加工からをレポートします。


ハギテーブル 天板

集成加工後


①ワイド加工(未だ高周波にて幅ハギしただけなので、剥ぎ部分から2液性ボンドがはみ出ております。)
先月導入しましたワイドサンダーにて両面を削っていきます。
最終加工はペーパー#120です。


ハギテーブル 天板

ワイド加工後


ハギテーブル 天板

ワイド加工後


次は、大川の協力加工業者の方にお願いし、

②NC加工(正寸カット+カウンタージョイントボルト、ビスケット仕込み)




③ウレタン塗装(全艶消し)
 ワインやグラスの結露による水滴が染みにならないように、ウレタン塗装をお勧めしました。ウレタン塗装による照りを懸念されますが、全艶消しなので照りも抑えられます。


ハギテーブル 天板

塗装仕上げ


を行いました。その後、

④現場搬入
 養生をしっかりおこない、軒先渡しにて配送させていただきました。


⑤設置
 土台とカウンターの接合つきましても、加工前に納まりまでの打ち合わせを、
 オーナー様とご一緒にさせていただきましたので、スムーズにいきました。

 

アメリカ広葉樹を使用した“ワインBARのカウンター”


【仕上りサイズ】
厚み:40mm
長手:700*5860
短手:600*5440
台形:上底約500、下底約1100、長さ1900

【使用樹種】
ウォールナット、チェリー、ホワイトオーク、ホワイトアッシュ、ハードメープル

【加工内容】
反りどめ:T型金物 19本
角R50加工:6カ所
ジョイント:アイカ金物+ビスケット(蓋無し)

 



ウォールナット >>
チェリー >>
ホワイトオーク >>
ホワイトアッシュ >

ハードメープル >>


アメリカ広葉樹を使用した“ワインBARのカウンター”の製作

こんにちは、営業の古賀です。

現在、コの字型のワインBARカウンターの製作をしています。

ワインの樽の材料でもある、オーク材も取り入れた、

アメリカ広葉樹、写真の左から

ハードメープル
チェリー
ホワイトオーク
ウォールナット
ホワイトアッシュ

こちらの5樹種を使用してカウンターを製作します。



【作業工程】の中で、現在
①材料検品→②幅落とし製材→③組み合わせの確認 まで完了しました。





これから、
④集成ワイド加工⑤正寸カット⑥カウンタージョイントボルト+ビスケットの仕込み→⑦ウレタン塗装→⑧T型金物反りどめ仕込み
をおこないます。

かなり大きなカウンターになります。
④~⑧の工程でどのような仕上りになるか楽しみです。


黄色が映える櫨(ハゼ) 

こんにちは、営業の井上です。

先日、組子用に櫨(ハゼ)を購入いただいたお客様の所へ訪問しました。
まだ、製作の途中でしたが、製作過程や作品を見せていただきました。

櫨(ハゼ)の購入理由は菊の花の部分に使用とのことでした。
キレイな黄色で安心しました。



こちらは、曲げて使用するらしく、手作業で切り込みを入れた素材を触らせてもらいました。

まるでゴムのように曲がることにビックリ!全然、力が必要なく曲がるんです!!


櫨(ハゼ) 無垢材

木なのにゴムのように曲がる不思議さ。


木工の技術を改めてすごいと感じました。

完成が楽しみです。


櫨(ハゼ) 無垢材

櫨(ハゼ)の黄色を活かした組子


櫨(ハゼ) 無垢材

他の組子作品


撮影協力:木下木工所様(福岡県八女市)
     TEL0943-54-2783

 

櫨(ハゼ)の在庫状況はこちら >>


付け台に色の濃い木材がご希望です。

こんにちは、営業の古賀です。

工務店様より現在進行中のキッチンカウンターの付け台部分に、色の濃い木材を提案依頼です。

写真付きでメールをいただきましたので、ご希望の色味、納まりがわかりやすいので助かります。


無垢材

ご希望の色味写真


写真から判断して、ウォールナット・オバンコール・マコレの3種をご提案させていただきました。


木材見本 森の文庫本

右からウォールナット、オバンコール、マコレ


現在、施主様に確認中との事です。

この続きは後日、報告させていただきます。


トラックボディ材の張替えをしました。

こんにちは、事務の石橋です。

8年ぶりにトラック(ユニック車)の荷台を張り替えました。



通常はアピトン、クルインを使用することが多いのですが、入荷が少なく貴重なため、今回は、レッドメランチイロコ(アフリカンチーク)を使用しました。

レッドメランチの特徴は、東南アジアに分布している広葉樹で、軽くて柔らかなものから、重くて硬いものまであり、加工しやすい木材です。
今回はトラックの荷台なので、雨・風に打たれてもいいように、重くて硬いものを使用しました。

まず、トラックの幅に合わせて何本かの根太を、重さが一番かかるところを補強するように並べました。


無垢材

下から見たところ


根太に使用したのはアフリカ・コンゴ産のイロコ(アフリカンチーク)です。

イロコは第一級の強度を持ち、チーク同等の耐朽性を備えています。


イロコ 無垢材

根太はイロコ材


根太の上に、板(レッドメランチ)をキレイに並べ、上からビス(クギ)で打ち込みました。

(このビスは、雨・風に打たれる事により、錆びて、より抜けなくなります)

他の業務の合間を縫っての作業だったので4~5日かかりました。

新しくなった荷台で、気持ちも新しくなりました!



他の業務の合間を縫っての作業だったので4~5日かかりました。

新しくなった荷台で、気持ちも新しくなりました!


レッドメランチ 無垢材

レッドメランチを貼り付け