高田製材所の日常をお伝えいたします。

“天板補修” 大川匠の技

こんにちは営業の古賀です。

大川家具で有名な木工の町、福岡県大川市には多様な木材加工に対応できる加工所が数十軒あります。
その中の1軒に今回、訪問しました。

一枚板天板にはどうしても割れている箇所があります。
そういう場合はどうするんだろう?

『細かい割れの補修』 編


補修加工 大川匠の技


補修加工 大川匠の技


① 瞬間接着剤を割れている箇所に流し込みます。

② 硬化剤を①の上から流し込みます。


補修加工 大川匠の技


補修加工 大川匠の技

目の粗い粉


③ サンドペーパーで研磨して出てきた木の粉を割れ部分にすり込みます。

   割れが深い時は“目の粗い粉”を①の前にすり込みます。


補修加工 大川匠の技

④ 補修完了


④ 乾いてからサンドペーパーで磨き、補修完了です。

 


 

『広がった割れの補修』 編


補修加工 大川匠の技


補修加工 大川匠の技


① 割れ部分に瞬間接着剤を流し、次に硬化剤を流し込みます。

② 同じ木材で割れ埋めのパーツを作ります。


補修加工 大川匠の技

③-1


補修加工 大川匠の技

③-2

③ 割れ部分にパーツを金づちで叩き入れます。

④ 不要な部分をカットして、大まかな補修が完了です。

   後は細かい補修をしていきます。

 


大川匠の技はさすがです!

弊社には数多くの一枚板天板がありますが、今回のように補修が必要な一枚板天板もあります。
でもご安心ください!大川だからこそ一枚板の購入と加工の両方が叶います。

今回ご紹介した補修加工の他にテーブル加工、カウンター加工、床・壁、その他造作部材加工など
が可能です。

是非、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせ先
(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568