高田製材所の日常をお伝えいたします。

木曽檜(キソヒノキ)製材

こんにちは、営業の田中です。

内地材針葉樹の中でも最高峰の木曽檜(キソヒノキ)の原木が
入荷しました。

その木曽檜(キソヒノキ)の原木より2本を厚み34mmに製材。
寒い環境で育った檜ですので、木目は約1mmととてもよく詰ま
っています。

他の桧と比べて香りが柔らかく、とても上品な印象を受けました。

法隆寺の五重塔に木曽檜(キソヒノキ)が使われていることも
有名です。

 

 


木曽檜(キソヒノキ) 丸太

木曽檜(キソヒノキ)丸太入荷!



【製材の様子】


木曽檜(キソヒノキ) 製材

1寸1分5厘(約34mm)に製材


木曽檜(キソヒノキ) 製材

長さは16.8尺(約5.1m)あります。


木曽檜(キソヒノキ) 製材

丸挽き製材をしてます。


木曽檜(キソヒノキ) 製材

割れ防止でボンドを塗ります。


木曽檜(キソヒノキ) 製材

各板のサイズを測ります。




高田製材所では、毎日色々な丸太を製材しております。

注文製材も承っておりますので。

お気軽にお問い合わせください。

詳しくはこちら >> 特注製材対応工場

 

お問い合わせ先
(有)高田製材所 TEL 0944-87-6568