テーブル加工実績

キーワードで絞り込む:

イエローバーチ 横ハギ集成天板

イエローバーチ 天板

イエローバーチ 6枚ハギ


イエローバーチ 天板

イエローバーチ 4枚ハギ


イエローバーチ 天板

イエローバーチ 3枚ハギ


イエローバーチ 天板

仕上り具合をチェック


イエローバーチ 天板

集成ワイド後の研磨できれいに仕上がっています。


イエローバーチ 天板

糸面加工をしています。


イエローバーチ 天板

無事お客様の元へお届けできるよう


イエローバーチ 天板

1枚1枚梱包しています。

樹種名 イエローバーチ
用途 天板
サイズ  36×1,050×1,400mm 6枚ハギ
 36×700×1,800mm 4枚ハギ
 36×450×2,100mm 3枚ハギ
加工内容 横ハギ集成加工、研磨
担当営業より ホワイトオークでのハギ天板をご希望でした。
「他に白っぽい木で良い雰囲気の木材は?」とのご質問でしたので
イエローバーチを提案しました。
あえて色が均一にならないように赤と白をおりまぜて集成加工しました。
磨けば磨くほどキレイな縮み杢があらわれます。
お客様の声 初めてイエローバーチを使用してみました。
「和」「洋」どちらにも合いそうです。

 


アフリカンマホガニーとモンキーポッド 会議室テーブル

アフリカンマホガニー 一枚板

アフリカンマホガニーNO.599-11


アフリカンマホガニー 一枚板

900×2400


アフリカンマホガニー 一枚板

900×3000


アフリカンマホガニー 一枚板

ウレタン塗装仕上


アフリカンマホガニー 一枚板

アフリカンマホガニーの杢目


モンキーポッド 一枚板

モンキーポッド NO.645-7


モンキーポッド 一枚板

仕上り 1000×2400


モンキーポッド 一枚板

耳なしで仕上げてます

樹種名 アフリカンマホガニー・モンキーポッド
用途 会議室テーブル
サイズ アフリカンマホガニー 幅900×3000・幅900×2400
モンキーポッド    幅1000×2400
加工内容 長さカット、バーチカルワイド、研磨、補修、ウレタン塗装
担当営業より アフリカンマホガニーは繋げて使用されることもあるそうなので、木目があうように長さ6.0mの一枚板より制作しました。
モンキーポッドは耳なしでご使用のため、在庫の中でもより広い材料を使い、なるべく赤身で取れるように製作しました。

 


モンキーポッド 座卓(脚:杉の磨き丸太)

杉 丸太

杉磨き丸太18cmΦ×1000 2本


杉 丸太

脚の長さにカットしました。


モンキーポッド 一枚板

モンキーポッドの天板に取り付け


モンキーポッド 一枚板

脚レッグジョイント仕上げ


モンキーポッド 一枚板

反り止めを4カ所いれました。

モンキーポッド 一枚板

T型鉄タイプの反り止めです。

樹種名 モンキーポッド / 杉の磨き丸太
用途 座卓
サイズ 両耳付き 仕上る厚みで 長さ2300
加工内容 テーブル加工(ワイド、長さカット、オイル塗装、反り止め(T型鉄タイプ)、脚レッグジョイント)
担当営業より 脚を磨き丸太で製作するという初めての試みでしたが、地元の加工協力業者様
からアドバイスをいただき、きれいに加工することができました。

 


タモ L字ダイニングテーブル

タモ 天板

加工前の状態


タモ 天板

集成ワイド後①


タモ 天板

集成ワイド後②

樹種名 タモ
用途 L字ダイニングテーブル
サイズ 全長1980mm、幅900mm(長手 幅372mm×長さ1980、短手528mm×672mm)
加工内容 集成ワイド(冷圧プレス)、正寸カット
担当営業より 長手部分は真ん中に板目を持ってきて、両側に付け柾をして
集成ワイド加工仕上を行いました。

 


ボセ 2枚ハギカウンター用一枚板

ボセ 一枚板

A)ボセ一枚板 70mm×810×6300


ボセ 一枚板

A)バーチカルワイド仕上げ 元から


ボセ 一枚板

A)バーチカルワイド仕上げ 末から


ボセ 一枚板

B)ボセ一枚板 70mm×750×6300


ボセ 一枚板

B)バーチカルワイド仕上げ 元から


ボセ 一枚板

B)バーチカルワイド仕上げ 末から

樹種名 ボセ
用途 2枚ハギカウンター用一枚板
サイズ 荒サイズ A)70mm×810×6300  B)70mm×750×6300 
加工内容 バーチカルワイド加工(仕上がる厚みで2枚の厚みを揃えてます)
担当営業より 低温木材乾燥機で人工乾燥の納期を1ヵ月程いただきました。
バーチカルワイド加工をした後に納品、木の表情をみてからお客様が2枚ハギで
50mm×1000×5000に仕上げるために長さカット、幅落としをして加工をしていくと
のことでした。