スプルースを製材する

スプルースを製材する

スプルース 無垢材

玉切り後

スプルース 無垢材

木取り①


スプルース 無垢材

木取り②


スプルースの丸太を製材しました。 今回長さ12mの丸太を3つにカットし皮むき後に製材をしていきます。
製材主任の坂田さんが、丸太から鋸をどう入れるかを読みとります。


スプルース 無垢材

微妙な調整を行い製材する位置を決める

スプルース 無垢材

胴割り

丸太を製材機に据え付け、割れ、曲がりの状況をみながら、機械を調整して胴割をする位置を
見極め製材。

柾目に製材するので、胴割した片方をさらに半分にカットをしていきます。
 


スプルース 無垢材

厚み1寸1分(34mm)に製材


スプルース 無垢材

目が詰まった良材

厚み1寸1分に製材します。背の部分に近づくと追い柾になるので、返しわきをして
柾目に取ります。色が少し赤いですが、目が詰まった良材です。
 

ベテラン鼻挽きの與田さんが、芯に近い所は節があるのでチョークでラインをつけます。
もう一度製材機に据え付け、ラインのところを製材。節の少ない良材の出来上がり。
 

空気の通り道をサンギでつくりながら板を積みます。その時、割れ防止のため背の方を内側
にして積んでいきます。一枚一枚に尺入れをします。

 



高田製材所では特注製材に対応できる台車付き帯鋸製材機を2台備えています。
幅1.3m、長さ8m、厚みは薄いもので3mm、厚板では1mまでの製材が可能です。 幅1.3mを越える丸太
は外注により対応が出来ます。 原木の在庫は常時300本を確保しており、日本をはじめ、世界各国に仕入
ルートを持ち、スタンダードな木はもちろん、入手困難な種類の木も数多く揃えています。だから、一般
に流通が少ない木材や規格外のサイズが必要な場合、原木を吟味した上で製材をしたいなどのご要望に幅
広く対応が出来ます。しかも、原木から必要なサイズを取るので、板材で購入されるより歩留りがあがる
利点もあります。
原木の入手ルートをお持ちでない方々には、もちろん原木での販売も行っています。

見学のご案内 >>     







スプルースの商品一覧は こちら >>

 


     

       今月のご案内の一枚板はこちら

       ウエンジ 一枚板の商品一覧は こちら >>

       エビアラ 一枚板の商品一覧は こちら >>

       栴檀(センダン) 一枚板の商品一覧は こちら >>

   


      

       WEBサイトでご紹介できていない木材も多くあります。

       お探しの材種がありましたらまずはお気軽にお問い合わせをお願いします。


       【お問い合わせ先】 (有)高田製材所
       TEL 0944-87-6568 / メールフォームは こちら



お問合せはこちらから

製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
営業カレンダー 【営業時間】8:00~18:00
【休業日】日曜・祝日・第2土曜他