木材用語辞典【ま行】

曲げ木

木材を煮沸かしたり、蒸したりして曲げながら、金型にはめて曲線部を作ること。

柾目(まさめ)

丸太の中心へ向かって挽いたときに表れる年輪が平行な木目のこと。板目と比べ、歩留まりが悪く高コストになるが反り、収縮などの狂いが少ない。


柾目(まさめ)

回り縁

壁面と天井が納まる(接する)部分、つまり壁面の上端に取り付け部材。

磨き丸太

杉の剥皮した丸太などを砂で磨いて水洗いしたもの。床柱などとして賞用される。


磨き丸太

未乾燥材(みかんそうざい)

含水率が高く、乾燥処理を施していない木材。

無垢板(むくいた)

合板のように張り合わせた板ではなく、正真正銘の一枚板のこと。

無節(むふし)

製材品の材面に節がないこと。

無地(むじ)

製品材でその材の表面に節がないもの

銘木

貴重で価値の高い木材のこと。木質が優れていて、木理や色調などが美しく装飾的にも趣がある。

目立て

鋸目がつぶれて切れなくなったものをヤスリの刃で研いだり、槌でアサリを集成するなどして切れ味をよくすること。

杢(もく)

木目の紋様で特に装飾価値が高い紋様のこと。
虎斑杢、鳥眼杢、縮杢、葡萄杢、如麟杢などがある。

木質材料(もくしつざいりょう)

原料の木材を大小のエレメント(構成要素)に分解し、再構成した材料のこと。製造されてエレメントは接着剤を用いて軸材料、面材料へと再構成される。
通常製材しただけのものは木質材料には分類されない。また異なる種類の木質材料を組み合わせたものも存在する。

木目

通常木材の縦断面で肉眼的に認めることのできる、繊維方向の条線または年輪の線。

元口(もとくち)

木材を製材したときの根本側の切り口。単に元ともいう。
木材を縦に使う場合は元口を下にする。

モルダー

型削り、型押し用機械の総称。木工用機械としては面取り盤のこと。



お問合せはこちらから

製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
営業カレンダー 【営業時間】8:00~18:00
【休業日】日曜・祝日・第2土曜他