木材用語辞典【あ行】

あかみ(赤身・赤味)

木材の内部の色が濃い部分。樹種によっては色で判別できないものもある。辺材に比べ耐朽性がある為、材として利用価値が高い。「心材」ともいう。


赤味(あかみ)


あさり

鋸(のこぎり)の身と切り口との摩擦抵抗を減らすため、鋸の歯を交互に左右に振り分けること。目振り、歯振りとも言う。

档て・陽疾(あて

木材の欠陥の一つ。部分的に硬くなっていて、狂いが大きい。

泡杢(あわもく)

比較的小さな円形の模様が散らばって現れる杢目。水中に浮き上がってくる泡粒に似ていることからこう呼ばれる。


泡杢(あわもく)

蟻桟(ありざん)

蟻形に掘ったほぞ穴に桟を差し込んで厚板の反りを防止する技法。
裏桟の一種で吸付き桟とも言う。一枚板のテーブルの裏側によく用いられる。

生き節(いきぶし)

製材後も樹幹の組織と緊密に結合している節。


生き節(いきぶし)

板目(いため)

丸太の中心からずれて挽くと、竹の子を縦に割ったような山形の杢目が現れる。これを板目という。


板目(いため)

入り皮(いりかわ)

若木のときに何かにより樹皮が傷ついてめくれ上がるなどし、樹皮が木材の中に残っているもの。


入り皮

浮造り仕上げ(うづくりしあげ)

「うづくり」で木材の表面を何度もこすって凹凸を付け年輪を浮かびあがらせる方法。バレン加工とも言う。

鶉木(うずらもく)

鶉の羽模様の杢。屋久杉などに現れる。


鶉杢(うずらもく)


縁甲板(えんこういた)

床材・縁側に使われる材。長手方向を実矧(さねはぎ)にした長尺の板。

LVL

薄く剥いだ木を繊維方向をそろえながら接着した材木。

追柾(おいまさ)

木材の板目(いため)と柾目(まさめ)の中間的な木目のこと

オイルフィニッシュ

オイル仕上げとも言う塗装方法。天然館乾性油に若干の樹脂や着色材等をいれ木材の表面に浸透させる方法。木材が本来持っている木味や艶を自然のままに活かす塗装法。

大手貼り(おおてばり)

縁貼り。

帯鋸(おびのこ)

熱処理をした帯鋼の片縁あるいは両縁に鋸刃をつけてエンドレスに接合したもの。帯鋸盤の二つを鋸車にかけて緊張力で引っ張り、鋸車に回転をあたえて挽き材を行うのに使用する。


表割れ

表面割れともいう。木材の乾燥によって生じる割れの一種。乾燥途中に生じる引っ張り応力によって、繊維方向に生じる割れ。



お問合せはこちらから

製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
営業カレンダー 【営業時間】8:00~18:00
【休業日】日曜・祝日・第2土曜他