世界の木材80種類を使って建築した大川の家。適材適所の木材選びについてご紹介します。

ウォールナットフローリング


大川の家、12種類のフローリングの中でメインのダイニングルームはウォールナットです。

この床の特徴は節や入皮や白太などをあえて使っているところです。通常のウォールナットフローリングは無節で黒い部分(赤味)のみを使いますが、節や白太が入ることで、ご覧のとおり木の表情が印象的になります。


もう一つの特徴は板の幅を4種類で取っているところです。
既製品のフローリングは90ミリ幅で統一されていますが、4種類の幅で取ることにより材料を無駄なく使うことができます。さらにランダム幅だと画一的ではない豊かな印象も与えます。

塗装はウレタンクリアで艶を落としたマットな仕上げにしています。ウレタン塗装だとほぼメンテナンスは必要ありません。一方オイル塗装だと質感は良いですが、汚れが目立ちやすく定期的なメンテナンスが必要となります。