2006年11月、それは一通の手紙から始まった。

私、高田豊彦は木をふんだんに使用し、木材の特徴を活かした材木屋ならではの
こだわりの家の建築を考えました。

木材の目利きや知識には自信があったのですが、建築設計に関しては無知のため「木材をうまく組み合わせ、
配置し、デザインできる人」に設計をお願いしたいと思い、建築雑誌数誌に目を通しました。ほどなく、理想の 
建築が私の前に現れました。それは、大断面の広葉樹が現しとなり、一本一本の材が持つ個性が活かされ、 
それらが連続することで、木が本来持っている逞しさや生命力を感じられるような建築。この家を設計した人は
どなただろうと目を移すと、そこには竹原義二の名がありました。“この家に住んでいる人は誰だろう?
”私の中でおぼろげながら理想とする家に、もうすでに現実に住んでいる人がいる。
正直言って、先を越されたと思いました。

後になって分かったことですが、この家の主も竹原義二氏。それは、氏の自邸「101番目の家」だったのです。 
こうして、様々な思いが込められた一通の手紙が氏の元に届き「大川の家」の幕が開いたのです。

大川の家 詳細


竣工2009年8月
設計無有建築工房(竹原義二 田野宏昌)
施工飯田工務店(飯田明史 飯田由美子)
設計期間2007年3月~08年2月
工事期間2008年4月~09年8月
主な仕上げ・仕様
外部ガルバニウム合板竪はぜ葺き
外壁ベイスギ板張り マヂックコートHM仕上げ・コンクリート杉型枠打放し
開口部木製建具・トップライト(VELUX)
外構栗石敷き・木レンガ敷き・木柱敷き
間室1/床ウォールナット材乱幅朝鮮張り
間室1/壁土佐漆喰塗り・広葉樹列柱・屋久杉板張り・マヂックコートHM仕上げ
間室1/天井ヒノキ板張り
間室1/家具造作家具
家族室/床チェリー材乱幅朝鮮張り
家族室/壁土佐漆喰塗り・屋久杉板張り・ウォールナット単板張り
家族室/天井土佐漆喰塗り
和室/床縁なし畳
和室/地板ウォールナット・レッドウッド
和室/壁墨入土佐漆喰塗り・広葉樹列柱・コンクリート杉型枠打放し
和室/天井屋久杉板張り
外室1・外室2/床クス・サクラ・チシャ・ケヤキ角材乱幅朝鮮張り
外室1・外室2/壁広葉樹列柱・マヂックコートHM仕上げ・コンクリート杉型枠打放し
外室1・外室2/天井化粧梁現し・ローズウッド錬付け床板現し
間室2/床ウエンジ材乱幅乱尺梁張り
間室2/床土佐漆喰塗り・屋久杉板張り
間室2/壁ヒノキ板張り
間室2/家具造作家具
室1/床カバ材乱幅乱尺張り
室1/壁土佐漆喰塗り・ウォールナット単板張り
室1/天井ヒノキ板張り
室1/家具造作家具
室3/床ヒノキ乱幅張り
室3/壁広葉樹列柱 化粧間柱現し ヒノキ板張り
室3/天井ヒノキ板張り

大川の家 フォトギャラリー

   



   



竹原 義二(たけはら よしじ)/無有建築工房

1984年徳島県生まれ
1971年大阪市立大学富樫研究室を経て、美建設計事務所勤務
1978年無有建築工房設立

以来、自邸「101番目の家」 他、現在までに100以上の作品を手掛ける。

村野藤吾賞、関西建築家大賞 、日本建築学会 作品選奨、グッドデザイン賞他多数受賞。

著書に「無有」(2007年、学芸出版社)。

「日本の伝統建築がもつ空間の美しさを、現代の空間に置き換え、

素材そのものがもつ美しさを表現していきたい。」 と考えている。
現在大阪市立大学生活科学部教授。

高田 豊彦(たかだ とよひこ)/有限会社 高田製材所

1971年 福岡県大川市生まれ。
1995年 早稲田大学政治経済学部卒業後(有)高田製材所入社。デルタ・トレーティング・リミテッド(カナダ、バンクーバー市)にて木材研修を受ける。
1997年 帰国して本格的に家業へ入る。
2004年 大川インテリア塾入塾。
2005年 木材展示場木彩館竣工。ホームページ開設。
現在 代表取締役社長として仕入、生産、営業全般において木の良さの普及に努めている。


お問合せはこちらから

製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
営業カレンダー 【営業時間】8:00~18:00
【休業日】日曜・祝日・第2土曜他