製材所の三代目として

高田豊彦は1971年(昭和46年)3月8日、高田製材所の三代目として生まれた。

子どもの頃から自宅横の工場や資材置場を遊び場としていた。
工場内で自転車に乗ったりキャッチボールをしたり、夏は材木に寄ってくるカブト虫を取ったりした。



父について行った貯木場

小学生になると父の跡を継ぐことを意識するようになり、博多や大阪の貯木場へ原木の検品にでかける父によくついて行った。

今では貯木場もあまり見かけなくなったが、丸太同士を20~30本横並びに紐で結んだ筏が数百枚あり、何千本という丸太があちこちの港で水面を覆いつくしていた。

波のない時には岸からボートで筏に渡り、父と一緒に丸太を眺めた。何となく丸太の良し悪しがわかるような気になった。

検品後の昼ご飯に寿司など美味しいものを食べさせてもらえるのも密かな楽しみだった。



「継げ」と言われたことはなかった

しかし、創業者である祖父は将来はコンピュータ関連の仕事に就くように、これからはコンピュータの時代だとよく言った。

明治生まれの祖父は基本的には頑固であったが、新しいことへの好奇心があり柔軟な考えを持ち合わせ、時代を見る目を持っていた。

今思うと私の可能性を広げるために、あえてコンピュータの話をしたのだろう。「継げ」と言われたことはないが、内心は必ず継いで欲しいと思っていたのだと思う。父もまたそれを望んでいた。



外の世界、木の世界へ

高校を卒業する頃に進路を決定した。高田製材所を継ぐと。
地元福岡の大学か東京の大学か迷ったが、九州で商売をするからこそ、安定的保守的なままではダメだ、広い世界を見て多くの人と交流し人脈を広げることが必要だと考え、東京の大学に進むことにした。

大学卒業後、一般の会社に就職することも思わなくはなかったが、ちょうど日本の商社のカナダ支店で研修生の空きがあり、バンクーバーで研修させてもらえることになった。当時カナダでは原木の輸出が制限されており、製材品で輸出することが必要だった。

日本の木材問屋のため原木を検品、案内し、商談がまとまった原木を製材工場にて製材する仕事に携わった。毎週原木検品、毎週製材に立ち会うことで、原木を見る目、製材の仕方を磨いた。
工場は16時間から24時間稼働していたため、夜中まで現地の製材工員に指示を繰り返すこともしばしばだった。



祖父の質問で養われた目利き

1年半の研修を無事に終え、帰国後その足で祖父と屋久杉原木の仕入れに行った。以来約5年間、祖父の運転手をしながら原木の買い付けに行った。原木検品の時、祖父はいろいろな角度から質問を投げかけた。

木の色はどうか、節はどのくらい中まで入っているか、皮のところに欠点が隠れていないか、そして最終的に必ず私自身に値決めをさせた。このようなやりとりによって自然と目利き力を養っていった。

2002年8月22日、7月末に倒れた祖父は自宅で息をひきとった。この時私の覚悟は決まった。祖父が創業した会社を必ず発展させると。



知識と経験を総動員して木を読む

私は木が好きだ。材木が好きだ。材木屋は天職だと思っている。自然に育まれた木材は人が一人一人顔が違うのと同じように、一本一本姿形や性質が違う。

このような木材のクセを読み取り適切にお客様に提供することが私の使命だと思っている。仕事をしていて一番シビれるのは自分の目利きがあたった時だ。木の中身は誰にもわからない、その中で自分自身の知識と経験を総動員して木を読む。思い通りの板が製材できた時はお得意さんの顔が浮かんでくる。この方にこんな風に使ってもらいたいと思う。出荷するときは娘を嫁に出す時のような感覚になる。

世界中には素晴らしい木がたくさん存在する。それぞれの地域の人々がいるように、土地に根ざした木々がある。これらを紹介し木の恵みが溢れた豊かな生活のお手伝いをしたい。



木の成長の足跡に光をあて、活かす

長い年月、数十年数百年かけて育ってきた木には様々な成長の足跡がある。
太陽の陽差しを受け、葉をいっぱいに広げ、生い茂った枝は節となる。台風など風雨にさらされ傷を受ける。

虫による攻撃も受けるし、時には山火事にも遭遇する。このような傷は木材としては欠点という言い方をされる。しかし木材のこれらの特徴は果たして欠点なのだろうか?木材の特徴に光をあて、それを活かすことはできないだろうか?木の魅力を伝えるためにはどうしたら良いだろうか?素材感溢れる木の力が詰まった住宅の建築、これが「大川の家」着想の原点である。



木は、人間を癒す

木の家は純粋に気持ちがいい。木の家に住むことで私の子どもたちはアレルギーが見事になくなった。

福島県いわき市の杉板造りの仮設住宅では、通常のプレハブと比べ住民がイキイキと暮らしている。

木造校舎の学校ではインフルエンザの発症率が下がったり、精神的に落ち着いた心身健やかな子どもが多いという実例もある。オール木造でなくても、壁のクロスを木にする、床や棚を木にするだけでも木の良さは十分に実感できるはずだ。



適材適所、真剣勝負

現代の住宅は木が活躍することが減っている。
無垢の木は素材としては決して高くないのだが、加工する職人の減少により画一的な日本の住宅では木が表に出ることは少なくなった。暴れている木でも強度があり頑丈なものがある。

素直な木はきれいだが折れやすいものもある。何か一つでもいいところがあれば、その「一点」を活かせるところに当てはめてやればよい。木の特徴を捉え、適材適所に木を使う。

そこには材木屋の木を見る目と大工、木工所、建具屋など木を加工する手仕事の術が必要とされる。日本古来の木の文化を受け継ぎ発展させていくために、今日も一日、木と真剣勝負である。

高田豊彦



お問合せはこちらから

製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
製材所見学にお越し下さい
営業カレンダー 【営業時間】8:00~18:00
【休業日】日曜・祝日・第2土曜他